ゲノム編集のノーベル受賞 3人目は? チャンをあえて外す2019年10月07日 07:35

 今日は、ノーベル賞発表の初日。生理学(と医学)賞の日だ。
 今年のノーベル賞予想、どのサイトを見ても、最有力にゲノム編集技術「CRISPR Cas9」の生みの親、シャルパンティエとダウドナを推している。何年も前から強い候補だが、めぼしい候補がはけてしまったので、いよいよダントツの1番人気になった。さて、この2人は誰でも当たるに決まっているので、三連複の3人目が誰になるか、また、授賞理由の業績タイトルが何になるかまで当ててこそ、真の予想屋だと思う。
 ほとんどの識者や科学記者が3人目として中国系アメリカ人のフェン・チャンを挙げている。シャルパンティエ、ダウドナがCRISPR Cas9のゲノム編集技術を発表した翌年、これが人間の遺伝子編集にも使える事を2人よりちょっとだけ早く発表した。
 だが、私は以前に書いたとおり、別な3人目と違うタイトルを候補を推す。生理学と化学のどちらで授賞するかにもよるが

生理学賞であれば、

3人目は食品会社Danisco社のRodolphe Barrangou
3人の授賞タイトルは「細菌の防御機構の解明(とゲノム編集への応用)」
(「Immune System of Bacteria」、「Bacteria's defense system」といったワードが入る)

 細菌が持つ免疫のような防御機構を発見、解明した事への業績だ。
詳しい事は前回、「ノーベル予想 ゲノム編集名目では出ない タイトルを変えてくるのでは」
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/10/03/9160738
に書いた。CRISPRを最初に見つけた九州大の石野良純教授が3人目というのも期待したいのだが、なかなか厳しい。これが、石野教授とシャルパンティエらの役割が逆で、最初に見つけたのがヨーロッパ人、それをゲノム編集に結びつけたのが日本人なら授賞もありな気がするが。

化学賞であれば、

3人目は第1世代のゲノム編集技術を開発したSrinivasan Chandrasegaran
こちらはずばり「ゲノム編集技術の開発」でいいと思う。

3人目といっても、仕事をした順番から言ったら、どちらも1人目になるはずだ。

 さて、多くの予想屋が3人目をフェン・チャンとする一つの根拠はガードナー国際賞という大きな賞を3人で共同授賞したからだ。予想屋さんたちは、昨年、同じようにラスカー賞がアリソン単独だったからノーベル賞もアリソン単独で本庶さんは外れるだろうと予想した大失敗を忘れてしまったのだろうか。
 生理学賞は、カロリンスカ研究所の教授会で選ばれる。医者や医学研究者たちがかなり癖のある選択をする。お金はすでに十分持っている彼らは名誉が大好きなはずで、さすがノーベルは独自の見識で賞を出すと褒められたいだろう。ガードナーやラスカーの後追いと言われたくなくて、あえて違う組み合わせやタイトルを選ぶ。そんな事はないとどうして言えるだろうか。

アリソン単独に反対した理由は以下

本庶さんノーベル受賞はなかったはずに大反対 アリソン単独が本来というプロの人たち
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2018/12/09/9010083

本庶さん受賞はオプジーボのおかげにも大反対 ノーベル賞はやはりオリジナリティー重視だ
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2018/12/10/9010683


もしも、授賞業績のタイトルがゲノム編集メインではなく、「細菌の防御システムの解明」メインだった場合、科学ニュースのサイトは、ただちにその背景の解説を出してほしいものだ。
 私だったらこんな風に書く。
(続く)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/10/07/9162140/tb