コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない2020年11月26日 18:04

コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない
ファイザーやモデルナのワクチンは、新型コロナウイルスの感染を90%阻止したのではなく、新型肺炎の発病を90%を阻止しただけではないかと以前に書いた。エイズウイルス(HIV)に感染する事とエイズを発病する事が全く違うように、感染予防と発病予防は全く意義が異なる。ところが、いつも正確で信頼性が高く、かつバランス感覚に優れた記事を書く忽那医師まで、《「感染していたはずの45人(90%)の感染を防いだ」という意味で90%の予防効果があった》《ワクチンの予防効果とは、「ワクチンを接種した人が、接種していない人と比べて、どれくらい感染を減らせたか」を意味します》などと書いている。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201122-00209031/

そこで、ファイザーが公開しているプロトコル(実験計画書のようなもの)も見てみた。被験者を集める際には過去の感染歴を調べ、また、ワクチンか偽薬を投与する前にウイルスに今現在感染してないかどうか確かめているが、その後のフォローアップの日程表にはウイルス感染の有無の項目が見当たらない。やはり、接種後に感染したかどうかを調べているデータではないようだ。おそらく、その後の感染を全員で検査しているのではなく、4万人のうち、症状が出た人を訪問し、確定診断しているのではないか。
 考えていてもしょうがないので、ファイザーの広報に聞いてみた。最終結果でないので、詳細はノーコメントだったが、ワクチンの効果は、プレスリリースにある通り、「ワクチンのCOVID-19発症予防効果は95%」だそうだ。日本語文でも原文でもプロトコルでも、新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)というウイルスに感染する事と、感染者が新型肺炎(Covid-19)という病気を発症する事を明確に分けて書いている。

 プロトコルにも、効果は
100 × (1-IRR) [ratio of active vaccine to placebo]
IRR illness rate ratio
とある。つまり、発病した率を比べているのだ。
 プレスリリースの日本語訳は、
「SARS-CoV-2感染歴のない参加者の集団・・・において、ワクチンの有効率が95%であったことに基づいています。・・・170例の確定診断されたCOVID-19発症例を対象に実施されました」とある。
 この日本語訳はプロトコルの全文(146ページをあります)に目を通している技術者がチェックしたものだそうだ。
 やはり、現時点でのワクチン効果のデータは感染予防ではなく、発病予防で正しいだろう。ただし、試験開始の時のプレスリリースに
「本治験の主要評価項目は、ワクチン接種前にSARS-CoV-2に感染していない参加者に対するCOVID-19の予防と、過去のSARS-CoV-2感染の有無に関わらないCOVID-19の予防です。副次評価項目には、重度のCOVID-19の予防が含まれています。また、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の感染予防も探索します」
と書いているので、今後、感染予防に関するデータが出てくる可能性はある。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/2020_11_19.html
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/10/9315160

1÷3=0.33 アメリカ人算数苦手かも モデルナワクチン94.5%2020年11月18日 09:32

1÷3=0.33 アメリカ人算数苦手かも モデルナワクチン94.5%
テレビ局に勤めている知人から、「モデルナのワクチンの効果94.5%というのはどういう事なのか教えてほしい」と頼まれた。
 ワクチンの有効率の考え方は、ワクチンを接種する事で、本来、罹患するはずだった人の何割が罹患を免れたかという事。ワクチンを接種しなければ80%の人が罹患するはずなのに、接種で20%の人しか罹患しなければ、60%の人が罹患を免れたので、有効率は60/80=75%。
 モデルナの試験では、ワクチン接種群と偽薬群それぞれ15000人ずつで、偽薬群は90人罹患、ワクチン群は5人罹患。90人罹患するはずが、85人が罹患を免れたのだから、有効率は85/90=94.4444・・・%
94.5%と微妙に違う理由はワクチン接種群の方がわずかに多いからではないか(15050人:14950人など)と思ったのだが。もしかしたら、アメリカ人が以下のような計算をしてしまったのかもしれない。
 
ワクチンの有効率(%)=(1-接種群罹患率/非接種群罹患率)×100
今回、接種群罹患率は、5/15000=0.03333・・・・%
非接種群罹患率は、90/15000=0.6%

有効率(%)=(1-0.0333・・・/0.6)×100=(1-0.5555・・・)×100=94.4・・・%
で、上と同じ。

しかし、5/15000=0.033で計算すると、(1-0.033/0.6)×100=(1-0.55)×100=94.5%
 1÷3=0.33で計算しても結果は大して違わないから別にかまわないが、丸めてしまった時点で、3桁目以降の数値が無意味になる。そもそも、90人と5人というデータで94.5%と3桁も刻むのがどうかしている。医学研究者には有効数字が分かってない人が多い。

https://www.cnn.co.jp/business/35162542.html

感染は止められない? ファイザーのコロナワクチン2020年11月10日 16:43

感染は止められない? ファイザーのコロナワクチン
90%以上の効果というファイザーの新型コロナウイルスワクチン。BBCの日本語訳では6カ国4万3500人の試験参加者のうち、94人が検査で「陽性」だったとあり、ロイターの日本語訳では94人が「発症」とある。94人が、発病した人数なのか、感染した人数なのかで、意義、意味合いが全然違う。
原文を見ると、どちらも「develop covid・・・」とある。covid-19はウイルスの名前ではなく、病名。ウイルスに感染して陽性になったではなく、新型肺炎covid-19を発病したという意味だろう。
さらに、no more than 8 of the 94 people who caught COVID-19 had been given the vaccineとある。正確な人数は発表してないようだが、86:8だとちょうど90%阻止になる。被験者を2万2000人ずつに分け、ワクチンと偽薬を接種したら、偽薬群では86人(以上)が発病、ワクチン群8人(以下)が発病したという事だろう。
未感染の人が1億人いた時、40万人が発病するが、ワクチンを使っておけば、4万人まで患者を減らせるという事だ。
しかし、発病を抑える効果があっても、感染を抑える効果があるかどうか分からないと困る。新型コロナウイルスは無症状の感染者であっても感染を広げるので、ワクチンを接種しているからといって、安心して出歩き、感染すると、無症候キャリアとなってあちこちにウイルスを運んでばらまく事になる。全人口が接種していればお互いに感染し合ってもみんな無症状or軽症で済むからモウマンタイという意見もあるだろうが、ワクチンが効かない人(免疫不全)や危険で使えない人もいる。
なぜ、感染(検査陽性)で評価せず、発病で評価するのか。感染の有無で評価するには、接種前に、抗体検査で過去の感染歴がない事を確かめ、PCRか抗原検査で今感染していない事を確かめ、接種後に、抗体やPCRで陰性が陽性になったかどうか確かめなければならない。これを40万人でやるのはコストも手間も大変すぎるからだろうう。発病で評価するなら、とりあえず、症状が見られた人間だけ検査すればいいので楽。
暫定報告なので、今後解析が進むと、検査陰性→陽性の率も出てくるのかもしれないが。
それと、このワクチンは、ウイルスの遺伝子(mRNA)を投与して、体内でウイルスのたんぱく質を作らせるというまだ実用化例がない新技術の一つなのだが、免疫への刺激が強く効果が高いとすると、ウイルスや細菌のたんぱく質が要因とされるギランバレー症候群など免疫系の病気が起きないか心配。マイケル・ジャクソンがかかっていた全身性エリテマトーデス(SLE)などもウイルスたんぱく質との関連が疑われている。
https://jp.reuters.com/.../health-coronavirus-vaccines...
https://www.bbc.com/japanese/54869478

内村偽陽性ウソと騒ぐ愚者は算数苦手 無差別検査陽性は偽陽性率高くて当然2020年11月03日 09:32

内村偽陽性ウソと騒ぐ愚者は算数苦手 無差別検査陽性は疑陽性率高くて当然
 内村航平選手の偽陽性はウソではないかとネットで騒いでいる人たちがいるようだ。「偽陽性の確率は一定なのに、スポーツ選手だけ偽陽性になる率が高いのはおかしい。だから、内村航平の偽陽性はウソだ」という事のようだ。義務教育レベルの確率さえ理解していない愚者の何と多い事か。偽陽性の率が一定なのは検査実施総数に対して偽陽性が発生する率。検査結果が陽性判定の時に、それが偽陽性である確率は、感染率の高い地域か低い地域か、あらかじめ疑い例を集めているか(スクリーニングしているか)どうかなどで変わる。
 オリンピック代表やプロ野球選手が受けているのは、症状も濃厚接触もない無差別検査。一般人が受けているのは疑い例を集めたスクリーニング済み検査だ。
 さて、今現在感染していて新型コロナウイルスが体内にいる人が日本人口の0.1%(約12万人)いるとしよう(すでにウイルスが消えている元感染者は除く)。日本人を無差別に1万人集めると、感染者が10人いることになる。しかし、偽陰性になる人が最低でも20%ぐらいはいるから、陽性判定は8人ぐらい。これに対し、偽陽性の確率は0.5~1%ぐらいとされる。0.5%とすると50人。つまり、無差別に集めた日本人1万人を検査すると、58人が陽性判定され、そのうちなんと86%が偽陽性という事になる。内村選手のように、症状もなく、濃厚接触者でもない人間を全員検査して、陽性が出た場合、偽陽性の確率が高いのは当たり前なのだ。
 では、条件を絞ったらどうなるか。感染者0.1%のうち、コロナと疑われる症状がある人は2割とする。そして、日本人全体のうち、風邪やインフルなど何らかの理由でコロナと疑われる症状がある人が0.2%としよう。すると、疑いのある人1万人集めると、感染者は1000人(10%)になる。陽性判定になるのは800人と偽陽性50人を合わせて850人。陽性判定に占める偽陽性の確率は6%まで下がるのだ。
 これが全人口検査をしてはいけない理由なのだが、いくら言ってもワイドショーのコメンテーターは、・・・

無症状感染隠蔽 そうだろうと思ってたけど
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/10/09/9304073

トランプ致死率フルより低い,日本なら嘘ではないかも 死亡率に4つの意味2020年10月11日 15:12

トランプ致死率フルより低い,日本なら嘘ではないかも 死亡率に4つの意味
 トランプ大統領の「新型コロナウイルスの致死率はインフルエンザよりはるかに低い」発言。たいそう評判が悪い。新型コロナウイルスに感染した場合の致死率はインフルの5倍から10倍程度だ。だが、日本などアジア圏であればウソではないかもしれない。死亡率には4つの意味があるからだ。

1)致命率(case fatality rate)=死者数 / 患者数(deaths / cases)
 症状のある感染者に占める死亡者の割合
2)無症状も含め、検査で陽性になった感染者に占める死亡者の割合
日本、88233人中1624人=1.8% アメリカ、2.8%
3)検査を受けていない、自覚のない感染者も含めた感染者全体に占める死亡者の割合
感染者数が不明だが、おそらく1%未満
4)死亡率(mortality rate) =死者数 / 総人口(deaths / population)
 人口全体に対する死亡者の割合 10万人当たり、日本1.3人 アメリカ65人

 一番知りたいのは、3)の致死率だろう。感染者全体に占める死亡率、つまり、感染した場合、死亡の確率がどれぐらいなのかだ。これは無症状無自覚の感染者を含めた感染者総数が分からないから推定が難しい。だが、これまであちこちでたぶん1%ぐらいと書いてきた。日本にはダイヤモンド・プリンセス号という感染者全員を捉えた世界で唯一かもしれない貴重なデータがある。乗員乗客3711人全員を検査して、陽性は713人。死者は14人(2.0%)。ただし高齢者の比率が非常に高いので、一般社会であればその半分の1%以下だろう。713人の年齢構成と死亡者の年代別が分からなかったので、この辺は理系のざくっとしたカンだ。その後、年齢調整をした研究では0.5%程度になったそうだ。インフルの致死率は0.1%程度だからやはり数倍になる。
 だが、日本のインフルエンザの超過死亡者数は平均すると年間1万人程度。人口10万人当たり8人程度で、新型コロナウイルスよりだいぶ多い。感染者数が年間約1000万人と桁違いに多いからだ。日本人で言うと、かかったら死ぬ可能性は新型コロナの方が高いが、かかって死ぬ可能性はインフルの方が高い。ただし、米国の場合、新型コロナウイルスの感染者数も死者数も群を抜いているのでこの論理は成り立たないと思うが。
 一つ疑問は、新型コロナウイルスは感染力が高いというコメントをテレビや雑誌などでよく見ることだ。何と比べているんだろうか。少なくともインフルの感染力の方が高いだろうし、空気感染するはしかなんかはもっとすごい。

無症状感染隠蔽 そうだろうと思ってたけど2020年10月09日 21:43

無症状感染隠蔽 そうだろうと思ってたけど
 重症者が主な感染源だったSARSと違い、新型コロナウイルスは無症状でも感染力があるという認識は2月の科学ジャーナリスト向けの意見交換会でも感染症の専門家はみんな持っていて、その割に専門家会議とか国民向けには全然言わないなと。あえて触れないようにしてるんだとは思っていたが。しかし、森加計桜のように政権が自己都合、自分の利益のためだけに本当の事を言わないのと違ってしょうがない面もあるかなと。無症状でも感染するとしたら、発熱のある人間だけ調べるのは無意味だとか言い出す算数が分からないコメンテーターがいるから。
 人口1億人で、現在の感染者10万人、そのうち、熱が高いのは2万人、平熱なのが8万人と仮定する。4倍もいるんだから、熱の高い人間だけ調べても無意味というのは小学生にも劣る。高熱があれば感染している確率が高まるからだ。仮に、現在、風邪など何かの理由で高熱になっている人が50万人だとする。高熱か平熱か無関係に1万人調べたら、判明する感染者はたった10人。しかも、疑陽性が50人ぐらいいるので、陽性になった60人のうち、本当の感染者はたった6分の1ということになる。それに比べ、熱の高い人のみ1万人調べれば、50万人中2万人だから400人も感染者が引っかかる。偽陽性50人が混ざっても、陽性判定450人中400人、約9割が本当の感染者という事になる。

無症状でも感染、背を向けた厚労省 「パニックになる」
https://digital.asahi.com/articles/ASNB92FL2NB8ULBJ011.html?iref=com_apitop
>>厚労省のアドバイザリーボード(専門家助言組織)の議事概要をもとに、厚労省と国立感染症研究所は2月10日までには無症状の感染者の感染性が低くないことを認識していたと指摘。しかし、公に認めようとせず、3月2日の専門家会議では、厚労省が、無症状の感染者も感染性があるとの記述を削除するよう求めたという関係者の証言を紹介した。
 新型コロナは発症の2日前ごろから感染しやすくなり、発症直前がピークという研究論文が4月15日に発表された。だが、厚労省が、無症状でも医師が必要と認めれば検査できると表明したのは5月15日。速やかに感染者を見つける観点で、無症状の濃厚接触者も検査の対象になったのは同29日だ。

封じ込め失敗の理由が分かった 新型コロナは封じ込められない
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/03/03/9220225

本当の事を言わないのも使命 WHO、CDC、専門家会議 ウソは言わないが
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/04/07/9232657

コロナは高温多湿に弱いと専門家は言わない 情報の出方をコントロールするのも使命だから?
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/05/26/9250790

アビガンはやはり特効薬ではない2020年09月24日 12:32

アビガンはやはり特効薬ではない
検査の陰性化までの期間が偽薬で14.7日、アビガンでは11.9日だった。レムデシビルでは15日が11日だったからそんなもんだろう。平均でなく中央値というのがいやらしいのだが。この単盲検というのは、患者は自分の使っているのが本物か偽薬か分からないが、医師には分かっているということ。検査はどれぐらいの頻度でやったのか。起点をどうやって決めたのか。この種のあいまいな評価基準は現場のさじ加減が入ってしまいがち。元データを詳細にチェックされると疑義が出ることがよくあるが、今回は政府からの強い圧力があるから審査も通ってしまうのだろう。
 レムデシビルもアビガンも多少体が楽になって、快復が早くなり、もしかしたら重体化を防ぐかもしれないし、死亡率を少しは減らすかもしれない。しかし、本当に効果があるのかどうか微妙なレベルの効果。劇的に効く特効薬とはいえない。

アビガン 非重篤な新型コロナ患者の症状軽快・ウイルス陰性化期間を有意に短縮 10月中に申請へ
https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69897

一定の効果が気になる アビガン近く申請って本当?
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/09/21/9297663

一定の効果が気になる アビガン近く申請って本当?2020年09月21日 05:48

一定の効果が気になる アビガン近く申請って本当?
 富山化学が国内で臨床試験をしたアビガンを近く承認申請するという。
>>治験の結果は精査中だが、一定の効果を確認できたようだ。
その「一定の効果」の内容がすごく気になる。試験の目標人数は100人弱。予定より3カ月遅れてようやく目標に達した。こういう試験はRCTといって、エントリーした患者をアビガンと偽薬にランダムに割り付け差を見るのだが、50対50ぐらいで統計的に意味があるとされる差が出るとは考えにくい。そんな少人数で差が出るのは劇的に効く場合で、そんな効果があるなら、海外の過去の試験でもっと明確な結論が出ているはずなのだ。問題は、この臨床試験が、米国主導のレムデシビルの国際試験のように、医師にも患者にも、本物なのか偽薬なのか分からないようにする二重盲検法ではない事。使われているのが本物と偽薬どちらなのか分かっていると意図しない偏りや意図的不正が起きやすくなる。
 政府のかけるプレッシャーが研究不正につながる事を恐れている専門家もいた(https://medical-tribune.co.jp/rensai/2020/0501530163/)。いわば政府が製薬の尻を叩いて出させた申請。普通なら承認しないデータでも承認せざるえなくなるのではないかと。

富士フイルム「アビガン」製造販売申請へ 年内承認も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64097610Q0A920C2TJC000/

カラオケBOXクラスター無しは初めて知った2020年09月18日 13:32

カラオケBOXクラスター無しは初めて知った
 カラオケ協会推しなのは我田引水的だが、それにしても、これまでカラオケボックスで一度もクラスター報告がないというのは初めて知った。先入観による思い込みの典型だ。カラオケスナックは危険だがボックスは安全という理屈。大阪住吉区に乱立する居酒屋カラオケなんかもいかにもハイリスクっぽい。やはり換気は重要なようだ。冬になっても、いや、冬こそ、公共交通では窓を開けよう。

カラオケボックスは安全 カラオケボックスでクラスターが 発生しない理由とは
https://www2.karaoke.or.jp/covid-19/

ワクチンが1年で出来るわけない 同じ質問にウンザリ2020年09月09日 16:04

ワクチンが1年で出来るわけない 同じ質問にウンザリ
 「現代科学の粋を結集し、莫大な金額を投入しても何故未だにワクチンが出来ないのか」。今年に入ってから何度も同じ質問をされてウンザリしてる。答えはいつも同じだ。
 今回、新型コロナウイルスの遺伝子配列などがすぐに提供されたので、いろいろな種類のワクチンが日本企業も含め、数十社ですでに出来ている。物としては出来てるが、「完成」はさせたくないというのが本音だろう。
 問題は、安全性試験と有効性試験。試験管内の実験はすぐに終わるが、必ず人体実験をしなければならない。これにメチャクチャお金と時間がかかる。最も先行していたアストラゼネカのワクチンの臨床試験が重大な副作用で中止になった。しかも、事前の数百人ぐらいの試験では分からない副作用が数万人規模で使うと出てくる場合もある。
 さらに極め付けに難しいのが有効性の確認だ。ワクチンは予防薬なので、健康な人に投与して、新型コロナウイルスに感染しにくいかどうか、感染しても重症化しにくいかどうか確かめなければならない。普通なら何年もかかる。
 「人為的な感染実験をしたらどうか」とナチスや731部隊みたいな事を言ってる専門家もいるようだ。冷戦期の米軍が生物兵器防御のため、ウイルスの入った霧を兵士にかける実験をしていたという話を聞いたことがあるが、昭和の話。コンプライアンスの令和時代にできるわけない。
 今でこそ効果と安全性がかなり確かになってきているはしかやポリオなどのワクチンも何十年もの蓄積があるからこそで、最初は結構重大な事故が起きていた。患者の人権があまり考慮されない頃だから許容されたのだろう。
 安全性も効果もはっきりわからない新型コロナワクチンを大統領選があるからとりあえず10月中に承認・投入して、使いながら試すなんてわけにいかない。世界の製薬が共同で「安全性と効果の証明が得られないのに、急いで承認申請をすることはしない」と声明を出した。オプジーボなど最近の抗がん剤のように患者1人で何十万円、何百万円という薬ならリスクを取る価値もあるが、ワクチンは1人あたり何百円、何千円の世界だ。訴訟リスクまで考えたらやりたくないのが普通。
 厚生労働省は、「ワクチンで被害が起きた場合、製薬の責任を免責する制度」を導入する方針だそうだが、勇気があるなと。HIVなどで懲りてないんだろうか。これで安心して投入されたワクチンで死者が出たら、免責制度導入を決めた官僚が刑事被告人になる可能性もあるのに。官邸の意向に忖度しているのかもしれないが、これまで通り責任を取らされるのは大臣や首相ではなく、官僚だ。

ワクチン開発9社、異例の声明「拙速な承認申請しない」
http://dai-marc.asahi-np.co.jp/tp/tpdetail.php?selectId=14613616
アストラゼネカのワクチン治験が中断 深刻な副反応疑い
https://digital.asahi.com/articles/ASN993JL6N99UHBI00N.html?iref=comtop_8_02

(シルクスクリーン デビルマンの脳裏)