サリドマイドのウソ まだ信じてる科学記者がいるとは ノーベル化学賞2021年10月15日 13:23

サリドマイドのウソ まだ信じてる科学記者がいるとは ノーベル化学賞
 もはや21世紀、令和の時代にまだこんな事を書く記者がいるとは嘆かわしい。
 生物を形作るアミノ酸や糖質などの分子にはL体(左手系)、D体(右手系)の2種類(光学異性体)があり、双方で生理活性が全く違い、酵素などはこれを厳密に見分けている。この光学異性体を人為的に一方だけ作る有機不斉合成は2001年の野依博士のノーベル化学賞受賞で有名になった。
 サリドマイドにも、左手系と右手系がある。催奇形性があるのは左手系だけで、右手系のみを使っていればサリドマイド禍は起きなかったという説が広く流布し、一時は教科書的な書物にも載っていた。有機化学の専門家でも信じていたくらいだ。
 このようなデマが広まった原因は、マウスを使った実験で、右手系では催奇形性がなく、左手系にだけ催奇形性が出たという1本の論文だ。しかしながら、マウスやラットなどの齧歯類はサリドマイドの催奇形性に抵抗性があり、そもそもサリドマイドでは奇形は起きない。実験結果は偶然他の理由で起きた奇形か、捏造の疑いがある。その後、サリドマイドで奇形の起きるウサギなどで追試があったが、左手系のみに奇形が起きるという結果は一度も再現されなかった。
 さて、左手系と右手系で、おそらく生理活性が違う。なぜ、差異が出ないかというと、サリドマイドの左手系と右手系は傘がおちょこになるように、簡単に反転して双方が入れ替わってしまうからだ。右手系だけを分離して、水に溶かして置いておくと、右手系が左手系に変化し、左右半々の混合物(ラセミ体)になってしまう。健常人を使った実験で体内でも速やかに混合物に変わってしまうことが確かめられている。
 つまり、右手系だけを一生懸命不斉合成しても無意味なのだ。だから、今でもサリドマイドは右手系と左手系の混合物が売られている。右手系だけを苦労して合成して売っても被害は防げない。また、再発売された90年代、南米などで被害が出ていた。 有機合成に詳しいあるノーベル賞学者にこの右手と左手を作り分ける不斉合成について質問したとき、「サリドマイドは極めて不適切な例」と言っていた。

日本のお家芸だが落選 ノーベル化学賞2021年10月06日 18:58

日本のお家芸だが落選 ノーベル化学賞
先日亡くなった向山さんなどが切り開いたゴリゴリの有機不斉合成の分野。この種のお家芸で日本人が入らないのは珍しいかと。野依さんや根岸-鈴木さんらの有機合成は触媒に金属(ロジウム、ルテニウムなど)を中心に持つ有機金属錯体などを使う。今回の場合、金属触媒ではなく、有機分子触媒という分野を切り開いたことが評価されたということ。金属でないと反応は進みにくいが、原料も製品も有機物なので、触媒に金属が含まれなければ後で取り除かなくていいとか、まあ、利点はある。

真鍋さん米国人でも日本のノーベル賞のワケ イシグロさんはなぜ日本でないか2021年10月06日 12:01

真鍋さん米国人でも日本のノーベル賞 そのワケは
 NHKなどが「日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて28人目」と報じることに、「真鍋さんはアメリカ人だ」という異論が結構あるようだ。日本は二重国籍を認めないので、アメリカ国籍を取ったら日本人ではない。そこで、新聞などは「日本人が受賞」ではなく、「日本のノーベル賞」と書く。この場合、「日本の」は日本国籍という意味ではない。日本にいる時に日本でやった研究業績、または、日本で書いた論文が認められ、頭脳流出し、アメリカなどの研究機関で日本国籍の時にやった研究業績に、ノーベル賞が与えられるという意味だ。両親が日本人で、日本生まれでもイシグロさんのような場合は「日本の」とは言わない。
 アメリカ国籍では、南部さんの最初の業績は大阪にいた時に書いた論文だし、中村さんの青色LEDは徳島にいた時に発明したもの。アメリカ国籍を取るのは今は簡単ではないが、ノーベル賞級の世界で唯一無二の研究者であれば比較的認められやすいとロスのアメリカ人に聞いた事がある。
 今後出る可能性がある、日本の大学で外国人が行った研究だとややこしいですが、その場合は「日本の」とは書かないだろう。
 ちなみに文科省が国別受賞者数をカウントする時は、南部さんはアメリカ人。二重国籍の場合は、ダブルカウントを避けるため、生まれた国でカウントしている。。
 アメリカ国籍を抜いても25人もいるんだから無理して水増しする必要もないが。

◆現地は朝5時 ノーベル物理 押しかけは危険
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/10/05/9429779

◆気象でノーベル賞とは珍しい
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/10/05/9429744

現地は朝5時 ノーベル物理 押しかけは危険2021年10月05日 21:34

現地は朝5時 ノーベル物理 押しかけると危険
 本人の映像を取りたいテレビは大変。授賞発表時、プリンストンは午前5時台。日本の大学ならNHKのむちゃを何でもきいてくれるが、さすがにプリンストン大は朝6時、7時から記者会見を開いてくれない。それと、高級住宅街(プリンストン大上級研究員自宅付近)を怪しいアジア人が未明からうろいろしていたら射殺されるかもしれない危険がある。押しかけたようだが、電話が鳴りまくっていた。
 物理学賞は、素粒子、物性(特に超低温が好き)、宇宙で回すのが相場で、キルビー特許のキルビーが取った時も意外性があったが、今回、コメンテーターも「まさか気象物理で出るとは」と言っている。

◆気象でノーベル賞とは珍しい
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/10/05/9429744

気象でノーベル賞とは珍しい2021年10月05日 19:09

気象でノーベル賞とは珍しい
他にも、ミスタートルネードとか異名を取った日本人研究者がいるが。ちなみに90歳はリチウム電池のグッドイナフさんとかが取る2018、2019年より前は最年長。66年に藤原賞って、「そんな昔に」と驚いたら、あの藤原賞ではなく、気象学会の賞だそうだ。

ノーベル医 重要な発見は日本人 富永真琴教授2021年10月04日 19:29

ノーベル医 重要な発見は日本人
今年のノーベル医学生理学賞。温度感覚と触覚の受容体の発見。味覚と痛覚で日本人が重要な発見をしている。まあボスの手柄になるのはいつものことだが。生理学研究所の富永真琴教授。留学中に、唐辛子の辛み成分カプサイシンの受容体が温度センサーだという事を発見したまさに功労者。なぜ唐辛子を食べると汗をかくのかというのとも関わってくる。実際に発見したのは弟子の院生や助手でも研究室の主催者が受賞するというのは、パルサーなんかが有名な例。日本人受賞者でもそう言われてる例がある。青色LEDの赤崎さんと天野さん、HIV発見のモンタニエとバレシノゼなど師匠と弟子が共同受賞する方が珍しい。
 それにしても、唐辛子を食べて「痛い」のと、熱い物を触って「痛い」のが同じセンサーだというのは本当に面白い発見。

mRNAワクチンノーベル賞 正規では無理 今日は医学賞2021年10月04日 08:02

mRNAワクチンノーベル賞 正規では無理 今日は医学賞
 今日はノーベル賞医学生理学の発表日。新型コロナウイルスの予防に強力な効果を示しているmRNAワクチンで、実用化になくてはならない発見をしたとされるカタリン・カリコ博士の授賞が話題になっている。しかし、常識的選考手順では今年はあり得ない。前年に推薦を受けた中から授賞分野をいくつかに絞り、その分野ごとに誰が最も貢献しているかを1年ぐらいかけて調べ、最終候補を選ぶ。mRNAワクチンが使われ出したのは昨年末。効果が明らかになったのは今年になってからだから、今年のノーベル賞に推薦が間に合わない。すでに絞られている分野と別にmRNAワクチンを割り込ませ、通常より短い期間で調査を推し進める。そういう強引な手続き変更をしないと今日の最終選考にあげられないのだ。そこまでするかどうか。科学的にまだ評価が定まってない事もごり押しをためらわせるだろう。

◆カリコのノーベル当確に? 5月指摘と同じ事をネイチャーが書いている
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/09/29/9428055

◆コロナワクチンの母 ノーベル賞に死角あり
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/27/9381967

カリコのノーベル当確に? 5月指摘と同じ事をネイチャーが書いている2021年09月29日 18:01

カリコのノーベル当確に? 4カ月前の指摘と同じ事をネイチャーが書いている
 5月に、mRNAワクチン開発で立役者としてメディアが持てはやすカタリン・カリコ博士のノーベル賞当確は盤石ではないと書いた。今月のネイチャーがほぼ同じような研究者の意見に言及している。

>英科学誌ネイチャーは先日、mRNAワクチンの特集を組んだ。2人について「ワクチンの成功に不可欠であるかどうかについては、意見が分かれている」としつつ、
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15057840.html

 mRNAは生物の体内に無数にあり、たんぱく質の設計図として利用されている。人為的に合成したmRNAを体外から入れて、体内で目的のたんぱく質を作らせるのがmRNA医薬品。コロナワクチンの場合は、新型コロナウイルスのたんぱく質をmRNAに作らせて、免疫システムに倒すべき敵として記憶させる使い方だ。通常のmRNAをそのまま入れると、炎症が起き、mRNAが働く前に破壊されて機能しない。しかし、mRNAに人為的な細工を加えると炎症が抑えられ、たんぱく質も効率よく作られる。というのがカリコ博士の発見。この特許はカリコ博士が所属する独ビオンテックだけでなく、ライバルのモデルナも莫大な特許料を払って使っている。ただし、特許はアメリカの大学に召し上げられてしまっているので、カリコ博士は特許料を受け取っているかどうか分からないが。ところが、数カ月前。以前からmRNA医薬品をやっている日本の研究者が「天然のmRNAのままでは医薬品やワクチンを作れないかというとそんなことは全然ない」と言ってるのを聞いたのだ。だったら、カリコ博士の特許使用権がなくても、どこの国のどのメーカーでもmRNAワクチン、作れるんじゃないかと考えた。カリコ博士の発見がなければmRNAワクチンを実用化できなかったというのは、世界中のメディアがファイザーやモデルナのプロパガンダにまんまと乗せられているのでは。
 となれば、ノーベル賞は微妙。少なくとも、カリコ博士の技術が必須なのかどうか、科学的に決着が付くまで出すのをためらうのではないかと。
 結果論として必須でなくても、とりあえず、手っ取り早く実用化するのに貢献したという名目で出せるかもしれない。そうだとすると、また、医学ではなく、化学賞になってしまうかもしれないが。
 具体的にどういう技術かというと、
mRNAは、A(アデノシン)、G(グアノシン)、U(ウリジン)、C(シチジン)という4つの部品の並び方(配列)で、たんぱく質の設計図を暗号化している。このうちのウリジンをシュードウリジンという類似化合物に置き換える。すると、mRNAが体内で分解されにくくなり、たんぱく質が効率的にできる。このように手を加えたmRNAを修飾mRNA(modified mRNA)と言う。ちなみに、モデルナの社名はこのmodified RNAからきている。
 自然界に存在するmRNAのままでは、配列だけ目新しくしても特許がとれない。そこで、特許を取るため、あえて人為的な手を加えた修飾mRNAを製品にするという製薬メーカーの都合があるんだそうだ。
 実用化されたmRNAワクチンは脂質の膜で包まれているのだが、この膜の技術が発達し、「包んでしまえば、素のmRNAでも修飾mRNAでもどっちでもよくなったのか」、そもそも包みは関係なく、「mRNAを純度高くきれいにすれば大丈夫だったのか」。その辺も知りたいところだ。

◆The tangled history of mRNA vaccines
https://www.nature.com/articles/d41586-021-02483-w

◆コロナワクチンの母 ノーベル賞に死角あり
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/27/9381967

開成初の首相だそうです2021年09月29日 16:38

御三家では、麻布の橋本龍太郎、福田康夫についで3人目。なお、ノーベル賞は灘出身の野依博士がいますが、御三家はまだ。
「次こそは」と開成が盛り上がっているという噂は何年前から知ってたが。麴町中だとは知らなかった。叔父、妹といとこ2人の母校です。

コロナワクチンの母 ノーベル賞に死角あり2021年05月27日 22:09

コロナワクチン生みの親 ノーベル賞当確に死角あり
 国民の約60%が2回のワクチン接種を終えたイスラエルでは新規感染者が激減。ワクチン界のランボルギーニ/マクラーレンと並び称される独ビオンテック/米ファイザーと米モデルナのmRNAワクチンは発病予防効果、感染予防効果とともに94、95%という驚異的な有効率を示している。ライバルのベクターワクチンが未知の血栓という重篤な副反応で足踏みする中、期待を一身に集めている。mRNAワクチンの開発になくてはならない発見をしたというカタリン・カリコ博士は「人類への貢献」「画期的な発見」「新たな創薬技術としての大きな将来性」などノーベル賞アガリの役が5重ぐらいに付いてる。加えて、ハンガリー出身の移民。苦労して重要な発見をしたが、特許は勤務先の米大学に召し上げられてしまった。重役を務めるビオンテックだけでなく、モデルナも博士の発見した技術に莫大な特許料を払っている(大学に権利を取られているので本人の手元には行かないのかも)等々、話題になりそうな人情話やエピソードも豊富。今年は推薦が間に合わないが、来年は当確となるのか。
 mRNAをそのまま注射してもすぐ分解されるし、mRNA自体への免疫反応で炎症が起きてしまって、効果を発揮できない。mRNAの部品に手を加えることで炎症が抑えられ、効率が上がった。カリコ博士の主要な第1の発見。これが非常に喧伝されている。
 しかし、ROAD TO ノーベル賞のこのストーリーは盤石なのか。実は、人間の細胞内にもあるような自然なままのmRNAではワクチンや薬を作れないかと言ったらそんな事はないそうだ。しかし、天然のmRNAをそのまま使っても物質の特許を取れない。そこで、特許を取るためにあえて人工的な手を加えるんだそうだ。つまり、カリコ博士の発見がなければ絶対にmRNAワクチンを作れなかったかというと???
 ただし、ビオンテックの技術には日本人研究者なども共同研究した脂質で包むノウハウなどもある。
 クロ限のカリコ-山中両博士対談、明らかにノーベル賞準備を見越した番組作りだが。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4550/index.html

◆コロナワクチン画期的貢献のカリコはノーベル賞当確か 英雄視はまだ怖い
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/12/26/9330638