コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない2020年11月26日 18:04

コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない
ファイザーやモデルナのワクチンは、新型コロナウイルスの感染を90%阻止したのではなく、新型肺炎の発病を90%を阻止しただけではないかと以前に書いた。エイズウイルス(HIV)に感染する事とエイズを発病する事が全く違うように、感染予防と発病予防は全く意義が異なる。ところが、いつも正確で信頼性が高く、かつバランス感覚に優れた記事を書く忽那医師まで、《「感染していたはずの45人(90%)の感染を防いだ」という意味で90%の予防効果があった》《ワクチンの予防効果とは、「ワクチンを接種した人が、接種していない人と比べて、どれくらい感染を減らせたか」を意味します》などと書いている。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201122-00209031/

そこで、ファイザーが公開しているプロトコル(実験計画書のようなもの)も見てみた。被験者を集める際には過去の感染歴を調べ、また、ワクチンか偽薬を投与する前にウイルスに今現在感染してないかどうか確かめているが、その後のフォローアップの日程表にはウイルス感染の有無の項目が見当たらない。やはり、接種後に感染したかどうかを調べているデータではないようだ。おそらく、その後の感染を全員で検査しているのではなく、4万人のうち、症状が出た人を訪問し、確定診断しているのではないか。
 考えていてもしょうがないので、ファイザーの広報に聞いてみた。最終結果でないので、詳細はノーコメントだったが、ワクチンの効果は、プレスリリースにある通り、「ワクチンのCOVID-19発症予防効果は95%」だそうだ。日本語文でも原文でもプロトコルでも、新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)というウイルスに感染する事と、感染者が新型肺炎(Covid-19)という病気を発症する事を明確に分けて書いている。

 プロトコルにも、効果は
100 × (1-IRR) [ratio of active vaccine to placebo]
IRR illness rate ratio
とある。つまり、発病した率を比べているのだ。
 プレスリリースの日本語訳は、
「SARS-CoV-2感染歴のない参加者の集団・・・において、ワクチンの有効率が95%であったことに基づいています。・・・170例の確定診断されたCOVID-19発症例を対象に実施されました」とある。
 この日本語訳はプロトコルの全文(146ページをあります)に目を通している技術者がチェックしたものだそうだ。
 やはり、現時点でのワクチン効果のデータは感染予防ではなく、発病予防で正しいだろう。ただし、試験開始の時のプレスリリースに
「本治験の主要評価項目は、ワクチン接種前にSARS-CoV-2に感染していない参加者に対するCOVID-19の予防と、過去のSARS-CoV-2感染の有無に関わらないCOVID-19の予防です。副次評価項目には、重度のCOVID-19の予防が含まれています。また、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の感染予防も探索します」
と書いているので、今後、感染予防に関するデータが出てくる可能性はある。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/2020_11_19.html
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/10/9315160

1÷3=0.33 アメリカ人算数苦手かも モデルナワクチン94.5%2020年11月18日 09:32

1÷3=0.33 アメリカ人算数苦手かも モデルナワクチン94.5%
テレビ局に勤めている知人から、「モデルナのワクチンの効果94.5%というのはどういう事なのか教えてほしい」と頼まれた。
 ワクチンの有効率の考え方は、ワクチンを接種する事で、本来、罹患するはずだった人の何割が罹患を免れたかという事。ワクチンを接種しなければ80%の人が罹患するはずなのに、接種で20%の人しか罹患しなければ、60%の人が罹患を免れたので、有効率は60/80=75%。
 モデルナの試験では、ワクチン接種群と偽薬群それぞれ15000人ずつで、偽薬群は90人罹患、ワクチン群は5人罹患。90人罹患するはずが、85人が罹患を免れたのだから、有効率は85/90=94.4444・・・%
94.5%と微妙に違う理由はワクチン接種群の方がわずかに多いからではないか(15050人:14950人など)と思ったのだが。もしかしたら、アメリカ人が以下のような計算をしてしまったのかもしれない。
 
ワクチンの有効率(%)=(1-接種群罹患率/非接種群罹患率)×100
今回、接種群罹患率は、5/15000=0.03333・・・・%
非接種群罹患率は、90/15000=0.6%

有効率(%)=(1-0.0333・・・/0.6)×100=(1-0.5555・・・)×100=94.4・・・%
で、上と同じ。

しかし、5/15000=0.033で計算すると、(1-0.033/0.6)×100=(1-0.55)×100=94.5%
 1÷3=0.33で計算しても結果は大して違わないから別にかまわないが、丸めてしまった時点で、3桁目以降の数値が無意味になる。そもそも、90人と5人というデータで94.5%と3桁も刻むのがどうかしている。医学研究者には有効数字が分かってない人が多い。

https://www.cnn.co.jp/business/35162542.html

ワクチンが1年で出来るわけない 同じ質問にウンザリ2020年09月09日 16:04

ワクチンが1年で出来るわけない 同じ質問にウンザリ
 「現代科学の粋を結集し、莫大な金額を投入しても何故未だにワクチンが出来ないのか」。今年に入ってから何度も同じ質問をされてウンザリしてる。答えはいつも同じだ。
 今回、新型コロナウイルスの遺伝子配列などがすぐに提供されたので、いろいろな種類のワクチンが日本企業も含め、数十社ですでに出来ている。物としては出来てるが、「完成」はさせたくないというのが本音だろう。
 問題は、安全性試験と有効性試験。試験管内の実験はすぐに終わるが、必ず人体実験をしなければならない。これにメチャクチャお金と時間がかかる。最も先行していたアストラゼネカのワクチンの臨床試験が重大な副作用で中止になった。しかも、事前の数百人ぐらいの試験では分からない副作用が数万人規模で使うと出てくる場合もある。
 さらに極め付けに難しいのが有効性の確認だ。ワクチンは予防薬なので、健康な人に投与して、新型コロナウイルスに感染しにくいかどうか、感染しても重症化しにくいかどうか確かめなければならない。普通なら何年もかかる。
 「人為的な感染実験をしたらどうか」とナチスや731部隊みたいな事を言ってる専門家もいるようだ。冷戦期の米軍が生物兵器防御のため、ウイルスの入った霧を兵士にかける実験をしていたという話を聞いたことがあるが、昭和の話。コンプライアンスの令和時代にできるわけない。
 今でこそ効果と安全性がかなり確かになってきているはしかやポリオなどのワクチンも何十年もの蓄積があるからこそで、最初は結構重大な事故が起きていた。患者の人権があまり考慮されない頃だから許容されたのだろう。
 安全性も効果もはっきりわからない新型コロナワクチンを大統領選があるからとりあえず10月中に承認・投入して、使いながら試すなんてわけにいかない。世界の製薬が共同で「安全性と効果の証明が得られないのに、急いで承認申請をすることはしない」と声明を出した。オプジーボなど最近の抗がん剤のように患者1人で何十万円、何百万円という薬ならリスクを取る価値もあるが、ワクチンは1人あたり何百円、何千円の世界だ。訴訟リスクまで考えたらやりたくないのが普通。
 厚生労働省は、「ワクチンで被害が起きた場合、製薬の責任を免責する制度」を導入する方針だそうだが、勇気があるなと。HIVなどで懲りてないんだろうか。これで安心して投入されたワクチンで死者が出たら、免責制度導入を決めた官僚が刑事被告人になる可能性もあるのに。官邸の意向に忖度しているのかもしれないが、これまで通り責任を取らされるのは大臣や首相ではなく、官僚だ。

ワクチン開発9社、異例の声明「拙速な承認申請しない」
http://dai-marc.asahi-np.co.jp/tp/tpdetail.php?selectId=14613616
アストラゼネカのワクチン治験が中断 深刻な副反応疑い
https://digital.asahi.com/articles/ASN993JL6N99UHBI00N.html?iref=comtop_8_02

(シルクスクリーン デビルマンの脳裏)

イソジン騒動は何が問題だったのか2020年08月12日 12:20

イソジン騒動は何が問題だったのか
 今回、大阪はびきの医療センターの研究結果は、新型コロナウイルスPCR陽性の感染者がポビドンヨードうがいをすると、唾液のPCR検査で陰性が多かったということだけだ。ヨードうがいで唾液中のウイルス濃度が減るのではないかというのはただの推論。もし、最初の記者会見で、「ヨードうがいでPCR陰性化が早かったが、統計的な検証がされた結果ではない。もしかしたら、唾液中のウイルスが減るのかもしれないが、確証はない」とだけ言ったら、おそらくニュースにならなかった。実際、最初の会見の記事を載せなかった新聞もある。
あのような騒ぎになった問題点をまとめると、

1)最初の会見で、はびきのセンターの医師が「ウイルスを含んだ唾液が肺に入ることで肺炎を起こすケースがある。唾液中のウイルス量を減らすことで重症化が抑制されのではないか」と発言。医学的にかなり突拍子もない飛躍だが、これが「イソジンは重症化を防ぐ」という見出しになり、売り切れ騒ぎの引き金になった。
2)会見が騒ぎになった後、吉村知事が「判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること」と情報発信。ただの推論で、科学的に確証のない事を「判明した」と断言した。
3)会見で言ったのは、感染者がうがいした場合、唾液中のウイルス量が減るかもしれず、もしも減るとしたら、既感染者が周りに感染を広げるのを防ぐ効果があるかもしれないという事なのに、非感染者がうがいすれば感染を防げるという誤解が広まった。

 1)がなぜ突拍子もないのか。高齢者は飲み物や食べ物が間違って気管に入る誤嚥を起こしやすい。飲食物と一緒に唾液中の口内細菌が肺に入って起きる誤嚥性肺炎になることがある。誤嚥性肺炎は口内をきれいにすることである程度防げるとされる。だが、それは、本来であれば肺には入らないであろう口内細菌に関する話。普通に呼吸するだけで呼気と一緒に気管に入るであろうコロナやインフルなどのウイルスを防げるというのはトンデモ理論。
 2)に関しては、陰性化したからといって唾液中のウイルスが減っているとは限らない。そもそも、統計的に検証された比較ではないので、本当に差があるのかどうか疑わしい。

唾液陰性化率上昇=ウイルス減少ではない 府知事が統計でウソをつく法
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/08/06/9275935

イソジンで唾液のウイルス減ったが,なぜ重症化防ぐニュースに?
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/08/05/9275642

唾液陰性化率上昇=ウイルス減少ではない 府知事が統計でウソをつく法2020年08月06日 13:14

唾液陰性化率上昇=ウイルス減少ではない 府知事が統計でウソをつく法
「判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること」
https://hochi.news/articles/20200805-OHT1T50052.html
はい、ダウト。
「予防効果、一切ない」(https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080500943&g=soc)は正しいが、「唾液中のコロナウイルス減少」は判明してない。
イソジンうがいをした感染者のPCR陰性化率がしてない患者より高かっただけ。唾液中のウイルス濃度が減ったからではないかというのはただの推論だ。

1)たった41人の試験なので、差が出たのはたまたまかもしれない。
2)検査をしたのは、感染直後なのか、発病直前なのか、発病直後なのか。検査時期のずれが原因で差が出たのかもしれない。
3)ポビドンヨード(イソジンなどの成分)にPCRの感度を下げる効果があるのかもしれない。

最後にうがいしてから一晩寝て検査するとのことなので、3)はないだろう。また、口内のウイルス量が一時的に減るにしても、そんなに長時間抑制効果があるとは信じられない。
で、「感染拡大防止への挑戦」。「イソジンでうがい」、「水でうがい」、「うがいしない」の3群で比較するようだが、うがい以外の条件(年齢、感染からの期間、持病など)が偏らないようにそろえるのがとても難しく、失敗するだろう。
 そもそもコロナのように感染力が大して強くないウイルスの感染阻止実験が無理。ワクチンを作ったはいいが、どうやって有効性を確かめるのか方法がないので、世界中の製薬が頭を抱えているのだ。

イソジンで唾液のウイルス減ったが,なぜ重症化防ぐニュースに?2020年08月05日 16:39

イソジンで唾液のウイルス減ったが,なぜ重症化防ぐニュースに?
 コロナは脂の膜で覆われたウイルスだから、アルコール、石鹼、ヨードなどを口に含めば、膜が溶けて壊れ、口内のウイルス粒子が一時的に減るかもしれない。しかし、細胞内でウイルスがどんどん再生産されてウイルス粒子が出てくる。全身症状には関係ない。ウイルスを作るノドの細胞まで壊したら、ウイルスの生産量は減るかもしれないが害の方が大きい。江戸の大火で延焼を防ぐため周りの家を壊しまくる火消しの如き所業だ。
 府の研究者は、イソジンで感染者の唾液検体の陽性率が下がるから、唾液中のウイルスが減るのかもしれない。それによって、感染者が周囲に感染を広げるのを防ぐ効果を調べたいと言っただけのようだ。それがなぜ重症化を防ぐ話になってしまうのか。非感染者がイソジンうがいをしても感染予防効果はないし、重症化予防効果もない。感染者が周囲にウイルスをばらまくのを抑制する効果については分からないが、あったとしても大した効果ではないので、1000人ぐらいを短期間調べてもおそらく有意差は出ない。ので、証明不可能だ。
 京大の研究で、ヨード液でうがいしても効果はないが、水でうがいするとかぜを引きにくくなるというのがある。うがいに関する研究は根本的に研究デザインがなってなくてまともな比較になっていないのではないか。

うがい薬で重症化予防? 新型コロナ、大阪府など研究
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62272190U0A800C2AC8000/

アベノマスクは飛沫も通す 聖路加 週刊新潮2020年07月15日 13:25

アベノマスクは飛沫も通す 聖路加 週刊新潮
 アベノマスクの役立たずぶりを指摘すると火がついたように粘着してくる人たちがいる。「ウイルスが通るのを防がないのは当たり前。目的は周囲に飛沫を飛ばさない事」とか。しかし、週刊新潮に載っている聖路加病院の准教授の実験では、アベノマスクは穴が大きすぎて飛沫も90%通してしまうそうだ。
 まあ、普通のマスクでも、マスクの上を手で押さえて、くしゃみや咳をすると、手が濡れる感じがするが。
 病院や会社、スーパーなどが中に入れてくれないので仕方なくマスクを使ってる。町中の解放された空間を歩いているのにマスクをしているのはさすがにどうかしていると思う。吹きっさらしの空中に漂っている飛沫で感染なんかするわけないだろう。ランニングのシミュレーションで呼気が10m飛んでるって、そうかもしれないけど、そんな状態でウイルス粒子がどれぐらい含まれ、どれぐらい感染確率があるのか、そういう見積もりはない。たぶんそんなんじゃ感染しないし。
 この透過実験をやった准教授は「せきなどで出る一部の大きな飛沫が正面に飛ぶことや、ウイルスがついた手で鼻や口を直接触るのを防ぐ意味はある」とものすごく限定的な条件付き効果を言ってるが。小さい飛沫や正面以外の飛沫は通り抜けるんじゃ効果なしと同じでは。

論文1本に振りまわされるのはやめよう コロナバブルでチェックいい加減2020年07月09日 13:54

論文1本に振りまわされるのはやめよう コロナバブルでチェックいい加減
 非常時だからこそ、最低でも3つの独立機関が同じ結果を出すまで気にするのは止めるという原則に立ち返るべきだろう。
 今回、「怪しいデータ会社に頼んだらいい加減だった」と言い訳しているが。だが、今回の事件以外にも怪しい論文は山ほどある。ブランド力(インパクトファクターと言う)の高い雑誌に多くの論文が採用された事が評価の主眼になり、雇用の継続や新たな就職先につながる研究者にとって、コロナバブルで判定がゆるくなっている一流紙に論文を載せるチャンス。ウイルス学や疫学、免疫や製薬にそれほど詳しいわけでもないニワカも参戦する。データの意図的ねじ曲げもあるだろうが、間違いに気づかない者もいるだろう。誰が見ても「さもありなん」という研究は取り上げられにくい。常識の斜め上を行くような論文の方が一流紙に大きく載る。そういう有名紙やメディアの食いつきが良さそうなテーマを思いついたら、その仮説に沿ってデータを集めてしまう。意図的捏造も無意識の偏りもある。
 例えば、インフル薬とエイズ薬を処方したら治ったという報告。最初は日本でも治療に使ったが、今は否定的なデータが多く、WHO主導の試験も中止になった。これなど、インフルエンザの患者だったから治ったのではないかと言われている。季節的に新型コロナ患者よりインフルエンザの患者の方がはるかに多く、同時感染もある。
 いま、疑わしいと思ってるのは、ネイチャーの医療系論文誌に載ったこれ↓
「新型コロナウイルス罹患後2,3月で抗体が急減する(ネイチャーメディシン)」
https://www.nature.com/articles/s41591-020-0965-6
 免疫学の教科書には書いてない現象らしいが。しかし、新型コロナに関しては、一度快復してもすぐに再感染するなど、免疫が有効でないといった怪しい言説がいろいろ流布している。ほとんど根拠がないそんなあいまいなストーリーに沿って結果を出そうとする研究者が多いのではないか。

悪玉抗体の名付け親は免疫学第1人者って本当?2020年07月02日 13:08

悪玉抗体の名付け親は免疫学第1人者って本当?  宮坂教授は免疫学の第一人者だそうだが、記事やワイドショーで言っている事は相当変。 https://digital.asahi.com/articles/ASN6Y7W47N6YUCFI002.html?iref=comtop_8_03  この記事も前段は免疫学の常識だが、後の方が???。  「感染者のうち無症状の人は抗体量が少なく、重症者は発症後何日たっても、無症状、軽症の人より常に抗体が多い傾向がはっきりと示されました。善玉抗体がたくさんできてウイルスを撃退すれば軽症で済むはずなのに、重症者は常に抗体が多いということは、新型コロナウイルスは悪玉抗体をたくさん生み出し、抗体がウイルスの増殖を助けていると考えられます」  「抗体が多ければ早く治るはずだ」って、免疫学の第一人者なのに、ウイルスと病気の因果関係を  ウイルスが悪さ → 重症化 → 抗体増える  だと単純に思っているのだろうか? 実際はその逆も多い。  ウイルスに免疫が反応 → 抗体などの免疫物質が大量生産 → 免疫の過剰反応で臓器、血管などが傷つく   ウイルス性の肺炎なんてまさにそれ。つまり、重症だから抗体が多くなったのではなく、抗体が多くなった(=免疫が過剰に反応している)から重症化するということもある。「悪玉抗体が」とか言い出すのは根拠がない。最近の論文とか読んでるんだろうか? 悪玉抗体て 変な言葉作るの止めて,ワイドショー http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/05/06/9243569
 宮坂教授は免疫学の第一人者だそうだが、記事やワイドショーで言っている事は相当変。
https://digital.asahi.com/articles/ASN6Y7W47N6YUCFI002.html?iref=comtop_8_03
 この記事も前段は免疫学の常識だが、後の方が???。
 「感染者のうち無症状の人は抗体量が少なく、重症者は発症後何日たっても、無症状、軽症の人より常に抗体が多い傾向がはっきりと示されました。善玉抗体がたくさんできてウイルスを撃退すれば軽症で済むはずなのに、重症者は常に抗体が多いということは、新型コロナウイルスは悪玉抗体をたくさん生み出し、抗体がウイルスの増殖を助けていると考えられます」
 「抗体が多ければ早く治るはずだ」って、免疫学の第一人者なのに、ウイルスと病気の因果関係を

ウイルスが悪さ → 重症化 → 抗体増える

だと単純に思っているのだろうか? 実際はその逆も多い。

ウイルスに免疫が反応 → 抗体などの免疫物質が大量生産 → 免疫の過剰反応で臓器、血管などが傷つく

 ウイルス性の肺炎なんてまさにそれ。つまり、重症だから抗体が多くなったのではなく、抗体が多くなった(=免疫が過剰に反応している)から重症化するということもある。「悪玉抗体が」とか言い出すのは根拠がない。最近の論文とか読んでるんだろうか?

<悪玉抗体て 変な言葉作るの止めて,ワイドショー>
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/05/06/9243569

ウイルスは高温多湿に弱いは良くない言い方2020年06月19日 12:20

ウイルスは高温多湿に弱いは良くない言い方
 インフルや(旧来の)コロナウイルスは高温多湿条件では感染しにくくなる事が動物実験や経験則から示されている。しかし、その原因はウイルス自体の増殖力や感染力が弱まっているからとは限らない。のどの状態が良くなる、代謝が変わるなど感染される側の状態や感染を阻止する物理的要因もありうる。むしろ、高湿度が生命活動にとってマイナスに働く事は考えにくい。
 人間側の要因であっても、ウイルスは高温多湿に「弱い」、「苦手である」という表現は許容範囲だが、ウイルス自体の弱体化と受け止められる可能性が高い。見出しではつい「弱い」としてしまいがちだが、なるべく、「勢いをなくす」「勢いがそがれる」「流行しにくくなる」など中立的な表現がいい。
 どちらの要因かによって結果も変わってくる。ウイルスの弱体化が主なら一律の現象になりやすいだろうが、人間側の要因が主ならたとえ高温多湿になっても住人の状態如何で必ずしも勢いがそがれないだろう。