アスピリンが肝癌予防 そりゃそうだろうね2020年03月24日 13:36

 低用量アスピリンがB型、C型肝炎患者の肝臓がんを予防するという研究結果がニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに載った。
 そりゃあ、そうだろうね。
 肝臓がんの原因の7割を占めるとされるC型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染で肝臓に起きる炎症。炎症が長く続く事で肝硬変からがんに進む。アスピリンは炎症を抑える薬なんだから。それ以外の効果も効いてるかもしれないが。
 ウイルスが病気を起こす理由は大きく分けると2つある。ウイルスそのものが悪さをする場合。感染した細胞を壊したり、がん化させたり。免疫細胞を壊すHIVや白血病ウイルスなどが典型。そして、ウイルスを排除しようとする免疫の反応が強すぎて高熱やせき、くしゃみ、下痢などが起きる場合。エボラもウイルス自体に毒があるというより、脱水症状で死ぬケースがほとんど。C型肝炎もその典型。ウイルスに感染すると肝炎になる理由を満屋博明さんは「江戸の火消し」と例える。火消しが家を壊して、炎が燃え広がるのを止めるように、人間の免疫機能がウイルスに乗っ取られた肝臓細胞ごと壊す。これが肝臓に起きる炎症。C型肝炎ウイルスはヒト以外の動物に非常に感染しにくい。でも、免疫機能を働かなくしたノックアウトマウスにヒトの肝臓細胞を移植すると、ヒトの肝臓ができてC型肝炎ウイルスに感染する。が、炎症は起きず肝炎にはならない。
 B型肝炎のがん化機構は単純な炎症でないとされるが、それでも効果があるようだ。
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa1912035

このタレントの白血病は池江選手と同じ2019年12月27日 12:20

 たまにはブログタイトルらしい話題を。
このタレントの白血病は池江璃花子選手と同じ急性リンパ性。
◆「売名だね」ネットに悪口 白血病公表した彼女のいま
https://digital.asahi.com/articles/ASMDF5X2RMDFUFEV002.html?iref=pc_ss_date

 以前、池江選手の詳しい診断名は本人が進んで公表しない限り、SNSや雑誌などでの詮索は止めてあげて欲しいと書いた。自ら公表したという事は検査結果の数値などかなり治療結果がいいからなのだろうと個人的には期待している。
◆「病名・白血病」は「好きな食べ物・麺類」と答えるような物
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/02/16/9036845

「病名・白血病」は「好きな食べ物は麺類です」ぐらいだとすれば、急性リンパ性白血病は麺類がパスタに限定されたという所だ。
 白血病にもいろいろあり、慢性骨髄性白血病は分子標的薬の進歩により薬だけで完治が可能かもしれないと期待されている。急性に関してはそれほど効果の明確な分子標的薬はまだない。最初は抗がん剤を使う化学療法で白血病細胞(がん細胞)を叩くが、白血病細胞の活動を押さえ込めたところで、若くて体力があれば移植に進むのがまだ一般的。
 造血幹細胞移植というと、まるで、移植自体が白血病の治療のように聞こえるが、実際に治療に使われているのはやはり抗がん剤だ。一般の化学療法よりずっと大量で強力な抗がん剤を使い、さらには放射線もプラスして体内の白血病細胞を徹底的に破壊する。何でこんな事ができるかというと、白血病細胞などのがん細胞は生きている細胞だから大量の抗がん剤や放射線で死ぬが、赤血球は元々生きた細胞ではないので死なないのだ。ただし、体を外敵から守る免疫細胞(白血球)や血液をつくる造血幹細胞も白血病細胞もろとも死んでしまう。そこで、他人の造血幹細胞を取って点滴で体に入れる。移植された細胞が定着して新たな免疫細胞などが増え出すまでウイルスなどの外敵から身を守れないので、感染症などになると非常に危険だ。
 近年、移植自体にも補助的な治療効果がある事が分かってきた。白血病細胞のようながん細胞は日々体内で生まれているが、生まれてもすぐ免疫細胞の攻撃を受け、壊される。そんな中、免疫細胞の攻撃をうまくかわす戦略を身につけたがん細胞が増えて、がんになるのだ。がん細胞は本人の正常な細胞から生まれるから免疫の攻撃を元々受けにくい性質がある。
 造血幹細胞移植で新たにつくられる免疫細胞は患者とは他人のものだ。逆に新たな免疫細胞側から見れば、患者の白血病細胞も他人なので積極的に攻撃する。これまで患者自身の免疫はかわしてきた白血病細胞も勝手が違い、やられてしまう。これを「移植片対白血病効果(GVL効果)」という。ただし、これは患者自身の細胞にも言える事で、移植でできた他人の免疫細胞が患者の臓器を襲うGVHD(移植片対宿主病)という危険な副作用と諸刃の剣だ。GVHDが起きないよううまくコントロールしながら、GVLで白血病細胞を根絶やしにし、再発を防ぐというのが治療戦略だ。

サリドマイドの悲劇60年の謎ついに明らかに 東京医科大が論文発表2019年10月08日 03:32

 1950年代末、睡眠薬や精神安定剤として発売され、服用した妊娠女性から手足や耳に障害のある子どもが産まれる大薬害を起こしたサリドマイド。なぜ、そのような副作用が起きるのか。それは長らく謎だった。その謎を、ついに、東京医科大の半田宏特任教授やミラノ大のグループが解き明かした。
 端緒は、2010年、当時は東工大の教授だった半田さんらの研究。それまで、サリドマイドは体の中で何に作用しているのかさえ全く分かっていなかった。薬害事件から半世紀、半田さんらは細胞内でサリドマイドの相手となる酵素セレブロン(CRBN)を見つけた。
 セレブロンはたんぱく質の分解に関わる酵素(の部品)だ。簡単に言うと、セレブロンは細胞内のたんぱく質に粗大ゴミのシールを貼る役割を持つ。シールを貼られたたんぱく質はごみ回収で分解される。
 サリドマイドがセレブロンにくっつくことで、シールを貼る相手が変わり、分解に回される対象が変わる。
 今回、サリドマイドがくっついたセレブロンはp63というたんぱく質を分解に回す事がわかった。p63は手足や耳ができるのに重要な役割を果たすことが知られている。グループの伊藤拓水准教授らがゼブラフィッシュという熱帯魚で実験した。普通のゼブラフィッシュは卵の発生段階でサリドマイドを加えると、ひれや耳に障害が起きる。だが、ゼブラフィッシュのp63に遺伝子変異を入れることで、サリドマイドの作用による分解を受けにくくさせると、障害が起きなくなった。
 サリドマイドは1960年代初頭には各国で販売が停止された。その後に多くの薬効がある事が分かり、現在では妊娠女性が誤ってのまないよう厳重な管理下で再発売されている。例えば、自己免疫疾患と呼ばれるベーチェット病などの難病の特効薬だ。また、血液のがんの一種の多発性骨髄腫、糖尿病、がんの悪化に関わる悪液質などにも効く。これらもサリドマイドがセレブロンにくっつくことで病気に関係するたんぱく質が分解されると考えられている。多発性骨髄腫ではがんの増殖に関わる「イカロス」というたんぱく質が分解されることで効く事をやはり半田さんのグループが突き止めた。
 サリドマイドと似た構造でより効果の強い新薬が発売されているが、いずれも動物実験で副作用が出たため、サリドマイドと同じく、厳しい管理下で使われている。
 サリドマイドを改良した新規化合物で、p63への作用を抑えて、薬効のみが働くようにすれば、副作用を起こさない新薬をつくれるかもしれない。また、セレブロンとサリドマイドの関係を応用し、別な病気に関わる特定のたんぱく質を分解することで新たな治療法に結びつける研究も進む。

元論文はこちら↓

https://www.nature.com/articles/s41589-019-0366-7

https://www.titech.ac.jp/news/2019/045379.html

https://www.titech.ac.jp/english/news/2019/045375.html

移植でHIV完治はなぜ応用できないか HIVに不死身な能力は輸血でコピーされる(3)2019年03月07日 17:30

 骨髄移植でHIV感染が完治したのは世界でたった2例しかない。
そう簡単にやるわけにはいかないからだ。
この2例は2人とも白血病患者だった。

 よくこういう説明がある。

「白血病の治療には大きく分けて、化学療法(抗がん剤治療)と移植がある」

 そのため、骨髄移植などの移植自体が治療だと思われがちだが、移植は白血病の治療「方法」ではない。
あえて言うなら、<強力化学療法(大量抗がん剤)+場合によっては放射線>療法と呼ぶべきだ。体中に広がった白血病細胞(がん化した白血球)を徹底的に死滅させるため、髪の毛が抜けてメチャメチャしんどくなるほど大量の抗がん剤を一気に投与する。
 その結果、赤血球や白血球などの血液を作る造血幹細胞まで死に絶えてしまう。そこで、造血幹細胞が含まれる骨髄などを健康な人から取って患者に移植する。血液を作る能力を回復させるための処置。
 血液型まで変わってしまうほどのきつい治療なのだ。
この治療を普通のHIV感染者に応用できないのは明らかだろう。抗がん剤自体に重い副作用がある。移植された造血幹細胞が働いて白血球が作られるまでの間、免疫力は著しく弱まるので、その間の感染症は致命的だ。それに加えて、拒絶反応を防ぐため、免疫抑制剤まで使う。
 さらに、新たに作られる白血球は元々他人の物なので、この白血球が患者の臓器を襲う恐ろしい副作用があり得る。これは移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれる。起きると致死率が高く、移植やかつての輸血でもっとも怖い副作用だ。
 白血病という命に関わる病気だから選択肢になるリスクの高い治療法だ。薬さえ忘れずに飲んでいれば普通に生きていける一般のHIV感染者ではありえない。
 そこに、変革をもたらすかもしれないのが、ゲノム編集技術だ。

「病名・白血病」は「好きな食べ物・麺類」と答えるような物2019年02月16日 17:33

 「池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表」のニュースに、白血病にちょっと詳しい人は違和感というか、多少戸惑ったのではないかと。
 おそらく、これからも詳しい診断名はあえて出さない方針なのではないか。本人が進んで公表しない限り、SNSや雑誌などでの詮索は止めてあげて欲しいというのが個人的感想だ。

 お笑いコンビ・ピスタチオのネタに
「好きな食べ物は?」
「まかないです」
「なんの!?」
というのがある。

「病名は白血病」というのも「好物は何?」と聞いたら「丼物です」と返ってきたようなもの。
いやいや、それって、牛丼なの、カツ丼なの、親子丼なの、天丼なの、もしかして、海鮮丼?
 ちょっと頑張ってローストビーフ丼ご馳走してあげたら、「ぼく、牛だけは食べられないんで」とか言われたりして。

 たった1個の白血球の遺伝子に狂いが生じ、がん細胞化、無限に増殖し、ほかの血液成分が作れなくなり、貧血など重い症状が出る。というのが白血病。でも、一口に麺といっても、うどんもあれば、ラーメンもあり、きしめんもあり、パスタの中にはさらに細かくフジローニもあれば、リングィーネもあれば、タレッティもある。
 それと同じで、白血球にもいろいろ種類があり、それがどの遺伝子の変異でがん化するかによっても細かく分かれる。細かい種類によって病状や治療法が違う。
 例えば、格闘家アンディ・フグの急性前骨髄球性白血病は、急激に症状が出るが、ビタミンAの仲間レチノイン酸が劇的に効き、白血病細胞は死滅する。ほぼ完治に近い。昔、急性前骨髄球性白血病は8割以上が治るとされると書いたら、他の種類の白血病患者の家族からどうしたら治るのかと相談のお便りが来て、困った。
 また、慢性骨髄性白血病(CML)は原因遺伝子が1個だけで、そこを標的としたグリベックなどの薬で抑えることができるが、体がだるくなるなど副作用があり、現時点では一生薬を続けることになる。
 このように詳しい分類名が分かると、標準治療でどのような処置を受け、どういう経過をたどるか大体予測できてしまう。しかし、そんなことが分かったからといって誰が喜ぶのか。テレビのワイドショーなどで医療コメンテーターがしたり顔で「この病気はですね、」と説明するのを見せられても不愉快なだけだ。
 とにかく、SNSも雑誌もワイドショーも病名や進行状態をこれ以上追求せず、そっとしておいてあげればいいのに。と、思うが、無理なんでしょうね。

がんと診断後、1年以内の自殺20倍 本当に大問題なのか 倍率で人をだます方法2018年11月24日 14:37

 「がん患者:診断後自殺リスク、1年以内20倍 サポート充実必要--10万人調査」。ある日、全国紙の夕刊1面トップにこんな記事が載った。社会面にも解説があって対策の必要性を強調していた。
 これは特ダネではない。複数の病院が参加した研究班がその日の朝、班を代表する病院のサイトで発表した研究だ。特ダネでもないのにこの扱いは異例で、ニュースにするべき大問題と判断したということになる。
 約10万人の人を約20年間追跡調査。追跡期間中に561人が自殺。そのうち、がんと診断されていたのは34人。診断後1年以内に自殺したのは13人。その率はがんになっていない人の23.9倍だったという。
  医療関係者は衝撃的な数字と言っていると記事にはある。本当にそうか。
 宝くじのバラと連番の高額当選確率2.5倍と同じで、そもそも自殺するのがどれくらいの割合なのかが書いていない。「科学する心」は23.9倍という数字だけしか書いてないことをうさん臭いと感じる。
 そして、科学する心があれば、書いてなくてもおおよその比率を出せる。20年間で561人ということは1年間で28人ほど。10万人で28人ということは、健康な人が1年間に自殺する比率は0.028%。日本人の成人が約1億人とすれば年間2万8000人で日本人の自殺年間約3万人ともよくあう。
 23.9倍しても0.8%程度。つまり、がんと診断されても1年以内の自殺は1%未満なのだ。
 実は、新聞記事や研究班のサイトには書かれていないが、論文には書かれている重要な数字がある。この研究で期間中にがんと診断された人の人数約1万1000人だ。1年以内に自殺したのは13人だから、0.1%程度なのだ。つまり、健康な人が1年以内に自殺する確率は0.005%程度なのが、がんと診断されると0.1%程度にあがる。
 上の概算よりかなり小さいが、上のは統計的な処理などを一切無視した算数に過ぎないから精度はこんなものだろう。
 1年間に新たにがんと診断されるのは80万人ぐらいだから、自殺するのは800人程度。毎年3万人の自殺者の2%ぐらい。
 人材や予算を投じてまで防がなければならないほどの数だろうか。
 さて、この研究者が一般向けやマスコミ向けに重要な数字を隠して発表しているのは自分の業績を大きく見せ、宣伝してもらうための意図的なものだろう。
 書いている記者はどうなのか。記者もだまされている可能性はあるが、専門記者がこんな単純でよくあるトリックに引っかかるとは信じられない。上司などをだまして、自分の記事を大きくしてもらうために、トリックに気づいていながらわざと黙っていたのではないか。