アニソン歌手なんてみかん箱で十分 水木さんの時代2022年06月28日 13:14

アニソン歌手なんてみかん箱で十分 水木の時代
♪胸ぐらを摑まれて 強烈なパンチをくらってよろけて・・・
 実家に戻っていた妹のスマホからアニメ「東京リベンジャーズ」のテーマOfficial髭男dism「Cry Baby」が。
♪争いあって 壊れかかった・・・
 法事の帰り、親戚の車の中でアニメ「SPY×FAMILY」のエンディング星野源「喜劇」が。
無名のヒット歌手・水木一郎は、若手時代、イベントの営業でみかん箱の上で歌わされたり、マイクもなく拡声機を使わさせられたりしたそうだ。アニソンが歌謡界の最下層だったからだ。「バックに付くバンドの人たちはとても怖く、アニメなんて馬鹿にしてるのでひたすら下手に出ないと演奏してもらえなかった」と言っていた。今となれば当時の子どもだったファンから尊敬されてるが。第一線のミュージシャンがアニメのためにわざわざ曲をつくり、普通にチャート入りしている現在を、水木さんやマジンガーの作曲家たちはどう感じているのだろうか。

◆作曲家・渡辺宙明さん死去 96歳「マジンガーZ」「ゴレンジャー」作曲
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/28/kiji/20220628s00041000081000c.html

黒水無月、初めて見た 今年はとらや2022年06月27日 12:02

黒水無月,初めて見た 今年はとらや
 今から4年前、たまたま6/30に京都で飲んだ帰り、白山神社の前を通りかかったら、見慣れない菓子が売っていた。ちょうど1年の半分にあたる6月末に半年のけがれを清め、残りの半年の厄除けをする夏越の祓(水無月祓)。各地の神社で茅の輪というのをくぐる。で、この水無月を食べるのが京都の風習。白い三角形は氷を表しているそうだ。今年はとらやで買った。白と黒の2種類。黒は甘さ控えめな味。

キングジョーが来たのはここ 火付人以外立禁の山に登った(8)2022年06月24日 18:35

キングジョーが来たのはここ 火付人以外立禁の山に登った(8)
 東京の外に出るのは2019年12月以来、千葉神奈川にすら行かなかったこの2年半。送り火「妙」火床見学の最後は、松ケ崎の隣、宝ケ池駅にある国立京都国際会館のホテルでランチ。ビールがうまいのは当たり前。さて、ここは京都議定書COP3の舞台として有名。だが、自分にとっては1500人の科学者が参加した国際天文学連合(IAU)総会の方が印象深い。当時は毎日大阪から通っていた。IAUは池谷・関彗星、百武彗星など新発見の天体に名前を付けている(それだけが業務ではないが)学術団体だ。ところで、初めて知ったが、この国際会議場、「ウルトラ警備隊、西へ」でウルトラセブンとキングジョーが戦った六甲防衛センターのロケ地だった。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

◆ソーラーパネルの下は秘密 火付け人以外立ち禁の山に登った(3)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/19/9501412

◆あれは京大? 火付け人以外立ち禁の山に登った(4)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502329

◆燃やすのはもったいない 火付人以外立禁の山に登った(5)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502363

◆初プレミアムシート 火付人以外立禁の山に登った(6)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/23/9502594

◆妙と法は字が違う 火付人以外立禁の山に登った (7)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/23/9502630

妙と法は字が違う 火付人以外立禁の山に登った (7)2022年06月23日 18:21

火付人以外立禁の山に登った 妙と法は字が違う
妙の字は鎌倉時代末期、日蓮の孫弟子が書いたとされ、法の字は江戸時代の上人が書いたと伝わるが、証拠はない。400年の隔たりがあり、妙は草書で法は楷書。何度も見ているのに言われるまでそんなことを意識してなかった。ちなみにこの写真は2012年、御池通りの屋上から見た送り火。五山送り火は近くから見るもんじゃない。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆ 左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

◆ソーラーパネルの下は秘密 火付け人以外立ち禁の山に登った(3)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/19/9501412

◆あれは京大? 火付け人以外立ち禁の山に登った(4)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502329

◆燃やすのはもったいない 火付人以外立禁の山に登った(5)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502363

◆初プレミアムシート 火付人以外立禁の山に登った(6)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/23/9502594

初プレミアムシート 火付人以外立禁の山に登った(6)2022年06月23日 13:04

火付人以外立禁の山に登った 初プレミアムシート
 京都-大阪間移動はいつもの京阪。今はない2階建て車両には何度も乗ったが、一度も使ったことがないプレミアムシートに乗ってみた。通勤の時は、遠回りだが始点の出町柳か淀屋橋に行けば必ず座れるので必要なかった。気のせいかもしれないが、京都に住んでいたときはプレミアムシートはなかった気がする。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆ 左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

◆ソーラーパネルの下は秘密 火付け人以外立ち禁の山に登った(3)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/19/9501412

◆あれは京大? 火付け人以外立ち禁の山に登った(4)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502329

◆燃やすのはもったいない 火付人以外立禁の山に登った(5)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502363

燃やすのはもったいない 火付人以外立禁の山に登った(5)2022年06月22日 18:34

火付人以外立禁の山に登った 燃やすのはもったいない
見学のお土産は、裏に願い事を書いたら当日いっしょに燃やしてもらえるとのことだった。もったいないので、願い事は自分で叶えることにして、持って帰ってきた。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆ 左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

◆ソーラーパネルの下は秘密 火付け人以外立ち禁の山に登った(3)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/19/9501412

◆あれは京大? 火付け人以外立ち禁の山に登った(4)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/22/9502329

あれは京大? 火付け人以外立ち禁の山に登った(4)2022年06月22日 12:11

火付人以外立禁の山に登った あれは京大?
「あれが京大ですよね」「違う、工繊だよ。吉田山はたぶんあっち」「さっきウソ教えちゃった」「あそこのコンモリしてるのが御所だよね」「あのクルスのマークがあるのがダム女?」
五山送り火登山一行のほとんどは京都市内の人なのに。なにしろ、妙法の山の上から見下ろしたガイドブックなんて存在しないから、眼下に広がる有名なはずの建物の特定も心許ない。すぐ下の運動場は送り火の日に一般解放され、人気だが、灯台もと暗しだとか。携帯も時計もないころは妙と法、同時に着火するため、両方から見える場所で菜種の殻や麦わらを燃やして合図。今は松ケ崎学生会館からライトで合図している。ぐぐれば出てくるが、工繊=京都工芸繊維大学、ダム女=京都ノートルダム女子大学

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆ 左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

◆ソーラーパネルの下は秘密 火付人以外立禁の山に登った(3)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/19/9501412

ソーラーパネルの下は秘密 火付け人以外立ち禁の山に登った(3)2022年06月19日 13:25

火付人以外立禁の山に登った ソーラーパネルの下は秘密
 五山送り火の妙法の妙の字の山。柵と監視カメラで守られた頂上にはソーラーパネルが。しかし、守っているのはソーラーパネルではなく、パネルの下にある秘密の施設だ。京の都の北端・松ケ崎に連なる西山「妙」、東山「法」などを総称して虎の背山という。平安遷都の際に移住した農家・松ケ崎百人衆の子孫73世帯が妙103基、法63基の火床を担当している。鎌倉時代に松ケ崎村全体が日蓮宗に改宗した。妙法とは法華教の南無妙法蓮華経に基づく宗教行事。五山送り火は何度も見たが、山によって宗教が違うなんて考えたこともなかった。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

◆ 左に大の字 火付け人以外立ち禁の山に登った(2)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/18/9501047

火付け人以外立ち禁の山に登った(2) 左に大の字2022年06月18日 12:01

火付人以外立禁の山に登った 左に大の字
 五山送り火の妙法の妙の字の山から京都を見下ろすと、左に大の文字が見える。妙の火はステンレス製の台だけど、大の字は石組み。

◆ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2022/06/17/9500778

ご先祖様は無事帰れたのだろうか 火付け人以外立ち禁の山に登った(1)2022年06月17日 12:18

先祖は帰れただろうか 火付人以外立禁の山に登った
 五山送り火を管理している地元の保存会以外立ち入り禁止の「妙」の字の山に登らせてくれるというので行ってきた。120mほどのなだらかな山だが、けっこう砂利に足を取られるので、降りるのはまあまあきつい。真夏に登って火を付けるのは結構重労働かもしれない。さて、ステンレス製の台の上には燃え残りも。これって残っていいのだろうか。ご先祖様がちゃんと帰れたか心配だ。