ワクチン感染予防効果なしとは誰も言ってない2021年03月01日 09:43

 mRNAワクチンのCOVID19予防効果が90%以上と発表された当初、「感染」予防効果が90%だったと間違えて報道していた所が結構あった。論座とNEWSPICSは間違いを指摘したらすぐ「発症」予防効果に直したが。こちら↓は何か中途半端に図表だけ直している。

◆2つの新型コロナウイルスワクチン これまでに分かっていることとまだ分かっていないこと(追記あり)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201122-00209031/

ところが、今度は逆に、発症を予防するだけで感染は予防しないと曲解する人が出てきた。「発症予防効果は確かめられたが、感染予防効果についてはまだ検証中で何とも言えない」というのが正しい。なぜ、こう科学を白か黒の2色の単純な物だと思っている人が多いのか。また、プロの医者でも、新型コロナウイルスのように無症状感染が多い場合、ワクチンが感染を防ぐかどうか確かめるのは極めて困難だとか書いてる人がいるが、それは一般論だ。mRNAワクチンはワクチンでできる抗体と新型コロナウイルス感染でできる抗体を区別できるので、抗体の有無でワクチン接種後にウイルス感染したかどうか調べられる。ファイザーのプロトコルをちゃんと読めば、臨床試験参加者4万数千人全員の血液を1カ月後、半年後、1年後、2年後に調べると書いてある。ワクチン接種と偽薬で感染率に差が出るかどうか分かるはず。ただし、結論が出るまでとても時間がかかる。
 モデルナの暫定評価で感染予防の有効率63%というあまり当てにならない数字がある。常識的には、発症予防の有効率95%以上にはとても及ばないが多少の感染予防効果があると考えるのが妥当だろう。有効率50%で感染確率が半分になるだけでも感染増大の勢いをそぐ力はある。

◆新型コロナワクチン、「感染予防効果なし」は誤り。ワクチンの効果、副反応について専門家に聞きました
https://news.yahoo.co.jp/articles/3dc22fe9b15d1d70b45af7c14ed3671ea1147cfb?page=3

◆無症状者からの拡大抑制か モデルナワクチン週内許可
https://www.muromin.jp/news.php?id=18841
◆コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/26/9320689
◆感染は止められない? ファイザーのコロナワクチン
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/10/9315160

コロナmRNAワクチン ガワ正体聞いてみた2021年02月22日 12:44

 ファイザーのワクチンはPEG修飾脂質ナノ粒子ではなく脂質ナノ粒子が正しいそうだ。
アナフィラキシーショックも20万回に1回ぐらいに落ち着いてきているようだが(平均の回帰?)。ビオンテック-ファイザーのmRNAワクチンでは親水性で生分解性の人工ポリマー「ポリエチレングリコール」(PEG)がショックの原因ではないかと言われている。最近はやりのPEG修飾脂質ナノ粒子とか脂質ポリマーハイブリッドナノ粒子とかいう物かと思ったのだが、おおむねそうだがちょっと違うとのこと。製剤はmRNAの希釈した原液を4種類の脂質(ALC-0159、ALC-0315、DSPC、コレステロール)と混ぜ合わせてつくる。mRNAを脂質ナノ粒子(LNP)に封入した物で、このうち、ALC-0159だけがPEG化されている。このPEG化脂質には血液中のたんぱくとくっついてしまうのを防ぐ効果があるという。ただ、PEG化脂質ナノ粒子と呼ぶと全体がPEG化されているように誤解されるが、一部だけがPEG化されたあくまでも脂質ナノ粒子だそうだ。詳しいことはワクチンの審査報告書に書かれている。

◆ワクチンのガワを明らかにして ショックの原因かもというなら
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/01/09/9335910

ワクチン被害予想で自己免疫疾患は何故か聞かない2021年02月19日 13:53

 mRNAワクチンは効果が高いが、高すぎて自己免疫疾患の呼び水になる恐れがあるのではないか。いくつかの所にそんなような事を書いてきたが、何を懸念しているのか、一般にはいまいちピンときてもらえないようだ。
 ■不活化ワクチンなどウイルスたんぱくそのものを注射する従来のワクチンの場合
免疫細胞(抗原提示細胞と呼ばれている)が落ちているウイルスのタンパクを拾い食い。こんなのが侵入して来ていると自分の表面に看板を出す。その情報が引き金になって抗体の生産が始まる(液性免疫)。
 ■mRNAワクチンは、細胞の中にmRNAが取り込まれ、細胞内でウイルスのタンパクが作られる。その細胞自身が表面に看板を出す。すると、その細胞はウイルスに感染されて乗っ取られたと免疫系から見なされ、免疫細胞に襲われる(細胞性免疫)。抗HIV薬の開発で有名な満屋裕明さんはこれを周りの家ごと壊す「江戸の火消し」(破壊消防)に例えていた。細胞がウイルスのタンパクを作リ始めるというのは、侵入したタンパクが漂っているだけの状態に比べ、かなり感染が進行した段階。いきなりそんな状態になったら免疫が強く反応しても不思議はない。この破壊消火などでウイルスたんぱくがまき散らされるので、液性免疫ももちろん誘導される。
 つまり、mRNAワクチンは(アストラゼネカのベクターワクチンも)、不活化ワクチンなどに比べて、本当のウイルス感染との類似度がより高い疑似感染状態をつくる(あくまでも疑似。生ワクチンのように他の細胞への感染性があったり、増殖したりすると思い込んでる人もいるが)。
 外敵と戦うための免疫系が自分自身の臓器や細胞を敵と間違えて傷つける自己免疫疾患には関節リウマチのように患者の多いものなどいろいろある。その中に、マイケル・ジャクソンがかかっていたとされる全身性エリテマトーデス(SLE)や大原麗子がかかっていたギラン・バレー症候群など、体内でウイルスのタンパクが作られる事が原因ではないかという説が近年の研究で出ているものがある。また、ウイルスが通常は感染しない細胞にウイルス感染が起きるとまれに自己免疫疾患になることがあるそうだ。筋肉注射で筋肉細胞がどれぐらいウイルスたんぱくを作るのか、筋肉細胞がふだんウイルス感染を受けているのかなど不明な点が多い。また、重症のギラン・バレー症候群やSLEなどは非常にまれだ。どんなワクチンでも数百万回に1回ぐらいは重篤な健康被害が起きるリスクはある。今回、アナフィラキシーショックが数万回に1回と季節性インフルワクチンなどより少し高めに出ている。安全性試験に長期間かけられなかった今回の場合、自己免疫疾患にしてもその程度になる事はあるかもしれない。が、ひどく高率で出る事はないだろう(医学生物学に絶対はないが)。
とはいえ、そういう事があり得る事やもっと予想してない事が起きるかもしれない事は意識しておくべきだ。
 専門家が話題にしているのをめったに見た事ないが、可能性はほとんどないと思っているのか、可能性はあるが低いのであえて取り上げてまた忌避反応を起こしたくないという事なのか。

◆コロナワクチン画期的貢献のカリコはノーベル賞当確か 英雄視はまだ怖い
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/12/26/9330638

ワクチンでファイザーが値上がりしない理由2021年02月15日 14:34

「ワクチンが承認されたのに、ファイザーの株価はどうして上がらないのか」と質問されるのだが、短期投資家なんて競輪や競艇好きのばくち打ちと大差ない人たちの考えてる事なんて分からない。なので、ワクチンで景気回復への期待感はあるのに、ファイザーの業績への期待には何故つながらないかについて科学的な観点からだけ答えておいた。

1)まず、抗がん剤のなどの治療薬に比べ、ワクチンは利益が少ない事。
ビオンテック・ファイザーのワクチンは最新技術のmRNA医薬で1回分19.50ドル。これが政府への引き渡しの原価とすれば、中国製コロナワクチンや日本のインフルワクチンなどのような不活化ワクチンに比べるとかなり高価。そうは言っても、抗がん剤のように1人分何十万、何百万というわけにいかない。

2)それでも、シェアを取れば、それなりに儲けが出るだろうが、中国製など安くて低技術なワクチンが増えれば、アフリカ、南アメリカなど低所得で人口が多い地域では太刀打ちできない。

3)さらに、いつまでワクチンの需要があるか分からない。
抗がん剤は一度使い始めると一生使い続ける物も多く、また、患者がどんどん増えるので、特許が切れるまで何十年もずっと利益が上がる。しかし、コロナウイルスはRNAウイルスとしては例外的に変異しにくいウイルスなので、一度ワクチンを使うと、インフルのように毎年接種する必要はないかもしれない。いま、新型コロナウイルスの致死率がインフルより高いのは、免疫の過剰反応で起きるサイトカインストーム症候群(おとなしい怪獣よりウルトラマンやウルトラ警備隊による街の破壊の方が迷惑な円谷特撮状態)が原因。これは人類が初めて経験するウイルスであるためと考えられ、多くの人が一度かかってしまえば風邪のコロナウイルスのようにありふれた常在ウイルスになってしまう可能性もある。すると、感染やワクチンが全人類に一巡してしまうともうワクチンが必須でなくなるかもしれない。そんな状況で、あんな扱いづらいワクチンは生き残れない。


◆コロナ重症化は円谷特撮状態 怪獣よりウルトラマンの迷惑の方が大きい
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/01/14/9337488

◆新コロ致命率はインフルの100倍
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/02/14/9347090

新コロ致命率はインフルの100倍2021年02月14日 14:34

新コロ致命率はインフルの100倍 日経の新書
 初心者向けのウイルス学・免疫学の解説書としてはとても役に立つと思う。感染致命割合(IFR)の話は勉強になった。検査を受けてない無自覚の無症状感染者も含めた全感染者数に対する致命率の事だ。新型コロナウイルスの場合、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスのデータから1%未満、0.5%程度だろうと考えていたが、西村教授の推定値は0.3-0.6%、英グループがランセットに載せた値は0.657%だそうで大体あってる。ただ、これまで日本のインフルに関してよく言われている年間1000万人がかかって1万人が死ぬというのもIFRだと思っていたのだが、これは確定診断した患者における死亡率CFR(致命割合)だそうだ。西浦教授などの推定では季節性インフルのIFRは0.005-0.01%。ざっくり言って、新型コロナウイルスはインフルの100倍の致死率という事になる。さすがにこれだとインフルの推定感染者数は年間2億ー6億人。日本人口のほとんどが年に2回も3回もインフルにかかっている計算になるので、けっこう多めに鯖を読んでいると思うが。それにしてもインフルの数十倍の致死率である事は間違いないだろう。ちなみに、患者の死亡率CFR同士での比較では、インフルの0.02-0.03%に対し、新型コロナウイルスは2%程度だそうで、やはり100に近い数十倍。
 誤解があると困るが、インフルより凶悪という事ではない。単に人類の免疫が未経験な事による過剰反応が原因だろう。以前に書いた「おとなしい怪獣よりウルトラマンの方が迷惑な円谷特撮状態」だ。

◆コロナ重症化は円谷特撮状態 怪獣よりウルトラマンの迷惑の方が大きい
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/01/14/9337488

 一点気になったのは、<新型コロナウイルスによる病気(COVID-19)の症状の原因を考えていくと、細胞に侵入し、増殖したウイルスが細胞を壊すという部分も大きいんですけれども>と書いている点。これについては疑問がある。

ちなみに死亡率にはおおむね4つの意味があり、これらをごっちゃに議論すると変な事になる。
1)致命割合CFR(case fatality rate)=死者数 / 患者数(deaths / cases)
確定診断された患者に占める死亡者の割合 2%程度
2)無症状も含め、検査で陽性になった感染者に占める死亡者の割合
3)感染致命割合IFR(infection fatality rate)=死者数/推定感染者数
検査を受けていない、自覚のない感染者も含めた感染者全体に占める死亡者の割合
0.3-0.6% 0.5% 0.657%など
4)死亡率(mortality rate)=死者数 / 総人口(deaths / population)

人体実験は短縮できない 速かったのは運が良かっただけかもしれない2021年02月10日 14:56

 ワクチンや薬の開発(完成)には、物作りの段階と人体実験による有効性と安全性の検証の段階の2段階がある。物作りの段階は、mRNA医薬のような新技術の導入で大幅短縮が可能だが、人体実験はどんなに技術が発達しても短縮や省略はできない。
 今回、有効性の証明が非常に短期間でできたのは、予想以上にmRNAワクチンの効果が高かったという運の良さが働いている。2万1000人の参加者で数カ月間にわずか162人しか発症しないので、これがワクチンを打つと120人に減るとか微妙な効果では承認できないだろう。それが発症わずか8人、有効率95%というヒクほど強い免疫の誘導が起き、思いの外有効性が短期間で証明できてしまった。事前の研究でもmRNAは獲得免疫の誘導が強いと報告されていたようだが。しかし、安全性の方は急性の症状はほとんど問題ないようだが、これほど効果が強いと長期の安全性は想像がつかない。有効なワクチンであれば数百万回に1回ぐらいは重篤な健康被害のリスクがつきもの。それが数万回に1回ぐらい高率になってもしょうがないという事だろう。

◆(科学の扉)ワクチン、短期開発のわけ ウイルスのmRNA注射、変異にも即応可
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14792296.html

都陽性率比較は無意味2021年02月05日 12:27

都陽性率比較は無意味
>>前回と比べていずれも陽性率は高まっていた
前回は、感染率のあまり高くない3区限定の無作為調査、今回は都全域の希望者から抽選調査。
地域もサンプリング法も全く違う調査を比較して、高まっているというのはどうかしているかと。
どうせ、厚労省の言った通り書いてるだけなんだろうけど。

◆東京は0.91%に抗体 5都府県で検査、半年で高まる
https://digital.asahi.com/articles/ASP253D7YP25ULBJ002.html

◆NiziU世論調査ネットで募集するような物 厚労省の抗体保有率調査
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/12/04/9323419

◆コロナ調査場所非公開は都民の民度が低いから?
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/02/02/9343403

ワクチンが高齢者に効かなくても仕方ない2021年01月30日 13:16

高齢者は元々ワクチンが効きにくいんだからしょうがないよね。ハイリスクな人は免疫に何らかの欠陥があるからハイリスクな場合が多く、免疫に欠陥があるとワクチンが効きにくいという堂々巡り。かといって、高齢者に合わせて獲得免疫を強く誘導するように作ると、今度は若年には効果が高すぎて危険だし。ウイルスを使うベクターワクチンはmRNAに準じる強めのワクチンと言うから、単に年代別のデータが不十分なだけかもしれない。

>>国内メディアはこれまで、アストラゼネカ製ワクチンの65歳以上への予防効果が非常に低かったと報道。
◆独、アストラゼネカ製ワクチンの高齢者接種に難色 委員会勧告案
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-germany-astrazeneca-idJPKBN29X26O

ワクチン効かない変異は流行できない理由2021年01月23日 13:50

 変異株にワクチンが効く可能性が高いというメーカーの言葉を信じられない心理は理解できるが、ちゃんと科学的な根拠がある。
 まだ駆け出しの頃の事。「抗菌薬が効かない多剤耐性菌の集団感染が高齢者施設で問題になっている」という報道を見てパニックになった女性に応対する羽目になった。
 曰く、高齢者施設にいる母親に面会に行ったら、施設の職員の「あなたがやりなさい」という無言のプレッシャーでおしめを替えさせられた。その時に感染したのではないかと。
「その施設で多剤耐性菌が発生したという情報があるんですか?」
「ないです。でも、心配で」。
ノイローゼや妄想気質の類いです。堂々巡りのやりとりにうんざりし、
「私の立場では医学的な相談には答えられませんが、大丈夫です」
「どうしてですか?」
「MRSAとか多剤耐性菌というのはブドウ球菌とか緑膿菌です。どこにでもいる細菌です。あなたにもふだんからたくさんくっついてます。でも、平気でしょう。多剤耐性菌はそういう菌の中でも特に虚弱な仲間なので、病院のようなほかの菌がいないようなところでしか生き延びられません。お母様が高齢で体力が弱っていたらひ弱な多剤耐性菌でも病気になりますが、あなたのような元気があふれている人には感染しません」
多剤耐性菌を、殺傷力や感染力が強いスーパー悪質細菌かのように「もてはやす」ワイドショーとかが悪いのだが、薬が効かないのは強いからではない。

 ◆人は何か望む物を得るためには、何か大事な物を失わなければならない
よく文学のテーマになる命題は、ウイルスや細菌にも当てはまる。抗ウイルス薬に対する変異を獲得すると、ウイルスは弱体化する。抗ウイルス薬に取り囲まれている病院では生き残れても、ワイルドな野生株と競争しなければならない外ではメジャーになれない。
 同じ事がワクチンでも言えると知り、なるほどと。
ウイルスに感染したり、ワクチンを打つと、中和抗体というものができる。ウイルスの感染を受ける細胞の表面には、細胞に侵入するドアを開けるための鍵穴(リセプター)があり、ウイルスの表面にはその鍵(リガンド)が突き出ている。コロナで言うと王冠のギザギザ(スパイク)にこの鍵がある。中和抗体は、この鍵を認識してくっつき、鍵穴に鍵を差し込めなくする抗体。中和抗体に対する抵抗力を持つ変異というのは、この鍵の形を変えて、中和抗体がくっつけなくなるような変異。そんな変異をしたら、ドアを開けるのも下手になって、細胞への侵入にもたつく。
変異していないウイルスとの競争に負けるので、偶然そういう変異が起きても、次世代のメジャーとして定着するのは困難。
ましてや、本当かどうか分からないが、感染速度が速いと言われている変異株がそういう変異を持っている可能性は非常に低い。「耐性を得ると、感染力は落ちる」。これは宿命なのだ。

ワクチンの効果が見えないのは当たり前 小坊でも分かる算数2021年01月22日 14:18

新型コロナウイルスワクチンの接種が英米で始まって1カ月たったのに全然効果がないじゃないかという質問もよく受けるが、当たり前。小学生でも分かる算数だ。臨床試験に参加した2万人でたった160人しか発病しないのに、それが20分の1の8人まで減ったって「効果の見える化」は不可能。接種率が人口の数十%に達しなければ実感は無理だ。
 発症予防効果95%というのは、接種した人たち限定の中で、さらに発病する人限定の人数が95%減るだけなのだ。
 国民全員がワクチンを打てば、発病者は95%減って20分の1に減るが、国民の1%しかワクチンを打っていないと、減るのは1%に対する95%で、全体から見れば0.95%しか減らない。国民の2割がワクチンを打てば、発病者が19%減るので、少し減ったなという実感は出るだろう。
 仮に、イギリスで毎日1万人が発病しているとする。国民全員がワクチンを接種すれば、これが500人に減るということ。そして、1万人を5000人以下に半減させるには国民の53%がワクチンを接種する必要がある。
 さて、400万人の中には接種したばかりの人もいるから、十分免疫がついている人は半分の200万人ぐらいとしよう。国民の3%だ。この3%の中から発病するはずの人数は毎日1万人のうち300人。その95%にあたる285人(2.85%)が発病しなくなる。1万人が9715人に減る計算。これじゃあ日々の変動と区別がつかない。
 接種率が今の5倍ぐらいになって、やっと少しは減ったと実感できるぐらいだろう。
 感染予防についてはまだ信用できそうなデータがないので省略したが、感染もある程度阻止できるなら効果の見える化は上記より早まる。


◆イギリスのワクチン接種、400万人を達成 対象者拡大へ
https://www.bbc.com/japanese/55716147