アビガン,レムは特効薬ではない2020年05月15日 12:27

アビガン,レムは特効薬ではない  ワイドショーが煽るもんだから、アビガン、レムデシビルさえ使えるようになれば、新型コロナウイルスはすぐに治ると思い込んでいる人が多くて困る。そもそも9割以上の人が放っておいても治る病気に特効薬などない。  レムデシビルは、二重盲検RCT(無作為化比較試験)という最も信頼性の高い試験法の途中経過の分析で効果が見られ、アメリカでEUA(緊急時使用許可)が降り、アメリカのEUAがある事を根拠に日本で特例承認された。  肺炎患者約1000人で快復するまでの期間を平均15日から11日に短縮する効果があったという。死亡率は偽薬で11.6%に対し、8.0%だったが統計的に意味のある差ではなかった。今のところ、アビガンなど他の薬も含め、新型コロナウイルスの死亡率を下げられるという結果が出たものはない。救命率を上げられないのであれば、快復までの期間が4日間(31%)短くなるぐらいの効果で副作用の強い薬を使う意味がない。  統計的には証明できなかったが、死亡率は本当に下がったと仮定しよう。100人の新型肺炎患者にレムデシビルを使った場合、88人は使わなくても治ったのに副作用の強い薬を点滴されたことになり、4人がレムデシビルのおかげで助かり、8人は助ける事ができずに亡くなる。これを果たして特効薬と言うだろうか。  アビガンに関しては、中国で複数の比較試験があるが、結果はまちまち。進行中の試験で効果が証明されたとしてもおそらくレムデシビルの効果と大差ない。
 ワイドショーが煽るもんだから、アビガン、レムデシビルさえ使えるようになれば、新型コロナウイルスはすぐに治ると思い込んでいる人が多くて困る。そもそも9割以上の人が放っておいても治る病気に特効薬などない。
 レムデシビルは、二重盲検RCT(無作為化比較試験)という最も信頼性の高い試験法の途中経過の分析で効果が見られ、アメリカでEUA(緊急時使用許可)が降り、アメリカのEUAがある事を根拠に日本で特例承認された。
 新型コロナウイルスの肺炎患者約1000人で快復するまでの期間を平均15日から11日に短縮する効果があったという。死亡率は偽薬で11.6%に対し、8.0%だったが統計的に意味のある差ではなかった。今のところ、アビガンなど他の薬も含め、新型コロナウイルスの死亡率を下げられるという結果が出たものはない。救命率を上げられないのであれば、快復までの期間が4日間(31%)短くなるぐらいの効果で副作用の強い薬を使う意味がない。
 統計的には証明できなかったが、死亡率は本当に下がったと仮定しよう。100人の新型肺炎患者にレムデシビルを使った場合、88人は使わなくても治ったのに副作用の強い薬を点滴されたことになり、4人がレムデシビルのおかげで助かり、8人は助ける事ができずに亡くなる。これを果たして特効薬と言うだろうか。
 アビガンに関しては、中国で複数の比較試験があるが、結果はまちまち。進行中の試験で効果が証明されたとしてもおそらくレムデシビルの効果と大差ない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/05/15/9246961/tb