未承認輸入ワクチン 無害だろうけど効かなそう2021年01月04日 14:15

 すごい話。こういう所に、かつての「特ダネの毎日」の潜熱を感じる。密かに中国ワクチンを使った日本の社長たちというのが誰なのか知りたいが。ただ、中国製は不活化ワクチンなので、たぶん害もないけど、大して効かないと思う。一度も作った事がないウイルスに対するワクチンを1年で開発するには、「効果は確実だが、100人ぐらいワクチンで死んでもしょうがない」と覚悟を決めるか、「安全だが、毒にも薬にもならないワクチン」でお茶を濁すかの2択しかない。先行した1、2番手のmRNAワクチンは非常に効果が高く、3番手のベクターワクチンもそれに準じる成績だが、効き目が強い分、何が起きるか分からない。後発勢は不活化ワクチンだけでなく、アンジェスがやってるプラスミドDNAワクチンも効果が弱いというのは意外だった。プラスミドでもmRNAワクチンでも原理はそんなに違わない気がするのだが。先行組の臨床試験では2万人規模の被験者で100人ぐらいしか発病してない。それでも効果が非常に強烈だったので、統計的に効果が証明された事になってる。しかし、同規模の試験で不活化ワクチンやアンジェスワクチンは有効性を証明できるのかどうか。塩野義の組み換えワクチンも同様。中国はデータを出さないが、日本企業はまたアビガンのような事になるのではないかと。

◆水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場
https://mainichi.jp/articles/20201231/k00/00m/040/137000c

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/01/04/9334189/tb