緑信号が青信号になった理由 なかなか興味深い。2021年04月04日 22:57

 1930年、日本初の信号機が登場した時、法令では「緑色信号」だった。だが、世間では青信号と呼ぶのが一般的で、1947年には法令でも青信号と呼ぶようになった。1971年以降、実際の色も青に近くなった。国際照明委員会(CIE)が道路信号は赤・緑・黄の3色を使うと定めており、警察庁の「交通信号関係仕様書」もこれに従っている。
 緑信号をなぜ日本では青信号と呼ぶのかには諸説あるようだ。日本の古語には、赤い(明)、黒い(暗)、白い(顕)、青い(漠)の4色しかなく、例えば、真っ赤なウソとは明らかなウソを意味する。そのため、グリーンも青に含まれ、その名残として、今でも青リンゴ、青田買い、青蛙、青虫などと呼ぶのと同じ。また、緑田買い、緑蛙と同じく緑信号は言いにくかったという説。赤、黄、青の色の3原色に合わせたという説など。

◆Q.青信号というのになぜ緑色の信号があるのですか
http://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-120/documents/op34.pdf
◆[Q]なぜ信号機は赤黄緑の3色が使われているの? | JAF
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-drive/subcategory-sign/faq166

青色LED報道のウソ 小学生でも分かる証明2021年04月03日 14:17

>>LEDは1960年代に赤や緑が開発されたが
新聞やテレビでよくある誤解。「青色LEDが発明される前から緑色LEDはあった」というのは間違い。小学生でも分かる証明は以下の通り。
 赤や黄色やオレンジのLEDは遅くとも1970年代にはあった。もし、緑色LEDもあったのなら、青信号は緑色なんだから、赤、黄、緑でLED信号機がつくれたはず。緑もなかったから青色LEDができるまでLED信号機がつくれなかった。そういえば、最近のLED信号機の青信号って緑じゃなくて限りなく青に近い青緑だ。実際にあったのは黄緑色で、しかも発光が弱く実用に使えなかった。実用に耐えないものなら青色だって前からある。ちなみに、毎日新聞は「LEDは60年代に赤と暗い緑が実現した」と書いている。
 中村修二さんがノーベル賞の時のテレビのインタビューで「本当は緑もなかった。緑も我々がつくったんだ」と明確に言っていた。
NHKのように「この成果によって赤・緑・青の光の3原色のLEDがすべてそろい、フルカラーのディスプレイなどさまざまな分野でLEDの実用化の可能性を広げました」ならOK。青さえできてしまえば、青色の窒化ガリウムに少し混ぜ物をして緑をつくるのは簡単だったからだ。ただし、窒化ガリウムは青に最適な材料なので、緑は輝度が落ちる。
人間の目は、青に比べ、緑の感度がいいので、緑色LEDが少々暗くても大丈夫だ。でも、赤崎さんは、省エネの観点からは緑の効率をもっと上げたいと言っていた。
信号機が赤、黄、緑だったのも、波長が長い方が遠くまで届くことに加え、人間の目の感度が高く青よりもよく見えるからだろう。
 もう一つよくある間違いは、「赤、緑、青の3原色がないと白色電球がつくれない」。これは光学的にも生物学的にも間違い。青と黄色があれば白色を作れる。
実際、日亜化学が最初につくった白色LEDは、青色LEDと黄色の蛍光を組み合わせたもの。まだ緑のLEDがないうちに発売した。
「3原色がないと自然な白色はできない」ならOK。
黄色と青で作った白色LEDは赤成分がないため、肉のように赤色を反射して赤く見える物に当てるとどす黒くなってしまい、自然な色に見えない。そこで、いまは赤成分、青緑成分を少し混ぜるなど工夫をしている。赤と青緑も混ぜると白になるので、全体としては白。このような関係にある2色を互いに補色という。青色LEDのノーベル賞決定の時、テレビで自称科学ジャーナリストの寺門氏が「白色には3色必要、2色ではつくれない」と言っていた。2色あれば白は作れる事は、自称科学ジャーナリストですら意外に知らない事実なのだ。

https://this.kiji.is/750641052081258496?c=39546741839462401

◆高山の酒中の仙 私が会ったノーベル受賞者1
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/13/9316167

◆ホントに私の本読んだ? 赤崎勇さんとの初対面 私が会ったノーベル受賞者2
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/04/02/9363277

ホントに私の本読んだ? 赤崎勇さんとの初対面 私が会ったノーベル受賞者22021年04月02日 21:34

大阪にいた時、京都にいらっしゃった赤崎さんにお話を伺う機会があった。ちょうどその直前に、研究生活を振り返った自叙伝のような本が出版されたので、事前に読んでおいた。メーカーなどほとんどの研究者が作れないと早々に撤退した青色LEDを絶対にできると諦めなかったある意味頑強な研究者。で、どうして、赤崎さん以外の人たちは諦めたのかについて質問したのだけど。赤崎さんは「あなたは本当に私の本を読んだのですか?}と真顔で聞く。つい1日前に通読したばかりでその内容はよく覚えていた。「私の本に書いてあるんですけどね」とあきれたような顔をしながらも、説明していただけた。そんなこと書いてあったかな? 私は首をかしげ、帰ってから見直してみた。そんなこと書いてない。いや、無理に解釈すればそう取れないこともない。どういう事か。つまり、この話は、自分がいかに優れていて、他の研究者がいかに愚かだったかという自慢話の類い。そして、これは私の解釈あdが、赤崎さんは研究能力は突出しているが、自分の能力や業績がいかにすごいかという自画自賛をするのが極めつきに下手くそなのだ。欧米の研究者は昔から自分を大きく見せる誇大宣伝が得意だし、留学でアメリカナイズされた近年の日本人研究者も自己アピールが上手。しかし、昔の日本人研究者はまったく違った。評価は他人がするものであって、自分の業績を吹聴して回るものではない。ましてや、ペラペラしゃべるでないと幼少時から叩き込まれる薩摩隼人。今や絶滅しかかっている古き良き時代の研究者だったのだ。

◆高山の酒中の仙 私が会ったノーベル受賞者1
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/13/9316167

薩摩の古武士のような研究者 ご冥福を 赤崎勇先生2021年04月02日 20:45

雄弁は銀、沈黙は金。古き良き時代の研究者の見本のような方でした。ご冥福をお祈りします。

高山の酒中の仙 私が会ったノーベル受賞者12020年11月13日 15:49

高山の酒中の仙 私が会ったノーベル受賞者1
小柴昌俊さんに初めて会ったのは、ノーベル賞受賞より数年前の小柴さんが71歳の時。岐阜県高山市の国際ニュートリノ会議。早朝、会場外でぽつんとベンチに座っていたので、隣に座って質問した。「アメリカに同じ研究をしている競争者がいたのに、どうして日本のチームは勝つ事ができたんですか?」「アメリカは既製品の光電子増倍管を使っていた。日本は浜松フォトニクスが特注で、大きいのを作った。増倍管の数やプールの水量は少なくてもより多くの微弱な光を捉えられる」。そのご様子は、二日酔いではなく、どう見ても朝から聞こし召してるとしか思えない。健康問題があって晩年は酒を断たれたそうで、ノーベル賞決定後に会った時はシャキッとされておられたが。

ノーベル化学賞 ゲノム編集なら3人目はチェンではないだろう2020年10月07日 10:45

ノーベル化学 ゲノム編集なら3人目はチェンではないだろう
 ノーベル賞の大本命と何年も前から言われているゲノム編集技術「CRISPR Cas9」の生みの親、シャルパンティエとダウドナ。医学生理学だけでなく、化学賞でも有力視されている。ほとんどの新聞、科学雑誌、ネットの予想屋は、3人目は、アメリカ人のフェン・チャンを挙げている。シャルパンティエ、ダウドナがゲノム編集技術を発表した翌年、これが人間の遺伝子編集にも使える事を2人よりちょっとだけ早く発表した。
 確かに化学賞はそういう応用の人にも授賞する。だが、誰が最初にアイデアを考えたかというオリジナリティを非常に重視する点は物理や医学と同じ。シャルパンティエ、ダウドナのゲノム編集技術は第3世代で、その基本的アイデアは第1世代と同じ。第1、第2世代より簡単・便利だから爆発的に広まった。だから、シャルパンティエ、ダウドナと共同受賞するのはチャンではなく、第1世代のゲノム編集技術を開発したSrinivasan Chandrasegaranになるだろう。もし、予想が外れたら、なぜチャンなのか、ノーベル委員会の背景説明をじっくり読みたい。

本当ならホーキングの共同ノーベル賞?2020年10月06日 19:13

本当ならホーキングの共同ノーベル賞?
物理学賞はブラックホールのペンローズか。本当ならホーキングも取っていいのでは。
今年は一番解説が面倒な物性物理から出ると言われてたが。観測と理論の違いがあるが、宇宙が2年連続とは。記事を書く人間は分かりやすくて楽でいい。ブラックホールの崩壊の観測でも少し前に出ているし、物理は選考委員の好みに偏るのか似た分野が続く事がある。
 後の2人は、クエーサー(超遠方銀河の中心核)には超巨大ブラックホールがあると観測結果から言った人たちだね。

ノーベル賞 この人はすごい 私以外誰も推してないけど2020年10月06日 16:31

ノーベル賞 この人はすごい 私以外誰も推してないけど  どこの予想にも出てこない、プロの研究者はともかく、科学ジャーナリズムではおそらく誰も名前を挙げてないノーベル賞候補。素粒子物理学の柳田務さんを推す。といっても、今年という事はないだろうが。  日本の業績で、自然科学系のノーベル賞は24人になる。初受賞の湯川博士から朝永、南部、小林、益川さんと5人も素粒子理論の受賞者がいる。近年は、素粒子実験の小柴さんや梶田さん、実用的な発明の青色LED、リチウムイオン電池などお家芸の素粒子理論はやや影が薄い。  そんな中、柳田さんのシーソー機構はすごい。説明は難しいというか、よく分からない。  さて、現代の物理学の基本(標準理論)では、この宇宙のすべての物質は12種類の基本粒子でできているとしている。電子、クオーク、ニュートリノなどだ。その中で、ニュートリノだけ奇妙なのだ。我々の体などの元になる原子は電子、アップクオーク、ダウンクオーク、電子ニュートリノの4種類からできていて、これら4個の基本粒子を第1世代という。これら2つのクオークの重さは電子の5倍、9倍ぐらいなのだが、ニュートリノの重さだけ電子の何百万分の1以下。まだ、正式には重さが決まっていないが、これまでの観測結果から重さの上限は電子の200万分の1以下。なぜニュートリノだけがこんなに違うのか。晩年の南部陽一郎博士もテーマにしていた。  シーソー機構では、まだ見つかっていない非常に重いニュートリノがあると仮定する。このニュートリノが重いほど今見つかっているニュートリノが軽くなる。一方が上がるほどもう片方が下がる仕組みなので、シーソー機構、シーソー理論などと名付けた。これだけだと大したことがないように見えるが、実は、現代の物質の究極に挑む素粒子理論が抱える根幹の問題に関わっている。
 どこの予想にも出てこない、プロの研究者はともかく、科学ジャーナリズムではおそらく誰も名前を挙げてないノーベル賞候補。素粒子物理学の柳田務さんを推す。といっても、今年という事はないだろうが。
 日本の業績で、自然科学系のノーベル賞は24人になる。初受賞の湯川博士から朝永、南部、小林、益川さんと5人も素粒子理論の受賞者がいる。近年は、素粒子実験の小柴さんや梶田さん、実用的な発明の青色LED、リチウムイオン電池などが続き、お家芸の素粒子理論はやや影が薄い。
 そんな中、柳田さんのシーソー機構はすごい。説明は難しいというか、よく分からない。
 さて、現代の物理学の基本(標準理論)では、この宇宙のすべての物質は12種類の基本粒子でできているとしている。電子、クオーク、ニュートリノなどだ。その中で、ニュートリノだけ奇妙なのだ。我々の体などの元になる原子は電子、アップクオーク、ダウンクオーク、電子ニュートリノの4種類からできていて、これら4個の基本粒子を第1世代という。これら2つのクオークの重さは電子の5倍、9倍ぐらいなのだが、ニュートリノの重さだけ電子の何百万分の1以下。まだ、正式には重さが決まっていないが、これまでの観測結果から重さの上限は電子の200万分の1以下。なぜニュートリノだけがこんなに違うのか。晩年の南部陽一郎博士もテーマにしていた。
 シーソー機構では、まだ見つかっていない非常に重いニュートリノがあると仮定する。このニュートリノが重いほど今見つかっているニュートリノが軽くなる。一方が上がるほどもう片方が下がる仕組みなので、シーソー機構、シーソー理論などと名付けた。これだけだと大したことがないように見えるが、実は、現代の物質の究極に挑む素粒子理論が抱える根幹の問題に関わっている。
 ノーベル賞に届くにはもっと実験的裏付けが必要だが、アイデアとしてのインパクトが十分ある。道しるべになる業績。とりあえず、プロの研究者でなくても推薦できる賞に推しておいたのたが。

HCVの発見 分かりやすくて楽 ノーベル医学生理学賞2020年10月05日 18:40

これは原稿書きやすくて分かりやすくて楽で良い
日本には約200万人のC型肝炎ウイルス(HCV)感染者がいるとされ、日本人の肝臓がんの原因の7割をしめる。近年、特効薬が開発され、肝臓がんの死者は激減している、
とか勧進帳でも書ける。

ノーベル賞大本命だが3人目の予想が本筋かも ゲノム編集2020年10月05日 14:20

ノーベル賞大本命だが3人目の予想が本筋かも ゲノム編集
 ここ数年、ノーベル医学生理学賞(または化学賞)の大本命に上がっているのが、ゲノム編集技術のシャルパンティエ、ダウドナの2人。一時の山中さんのiPS細胞並みに受賞間違いなしと言われてます。今年になるか、来年になるかは分からないが、予想が当たっても少しも自慢になりません。でも、3人目の予想が意外に当たりにくいと思います。
 多くのマスメディアや予想サイトはアメリカ人のフェン・チャンを3人目に挙げてます。シャルパンティエ、ダウドナがCRISPR Cas9というゲノム編集技術を発表した翌年、これが人間の遺伝子編集にも使える事を2人よりちょっとだけ早く発表した研究者です。
 しかし、この人選には問題があります。
そこで、私の予想は、もしも医学生理学賞ならば、タイトルは「ゲノム編集技術の開発」ではなく、「細菌の防御機構の発見と解明」(Discovery and elucidation of bacterial immune system)となり、3人目はこの発見の元になったダニスコという食品会社の研究者になるのではないか。最初に見つけて報告した石野良純・九州大教授に期待する声もありますが、見つけた後、その意味を解明する仕事に関わらなかったのが厳しい。いずれにせよ、バクテリアにも我々の獲得免疫と似た感染防御機構があるという発見をした流れの中で、貢献の大きい人物が選ばれるのではないかと。
 もしも下馬評通りチャンだったら、その理由を読み込んでみるとしましょう。
ゲノム編集授賞のややこしい問題はこちら↓

ノーベル予想 ゲノム編集名目では出ない タイトルを変えてくるのでは
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/10/03/9160738

ゲノム編集のノーベル受賞 3人目は? チャンをあえて外す
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/10/07/9162140

こんなノーベル賞解説がほしい ゲノム編集の背景
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/10/07/9162286