南ア株等は英株よりがっちり細胞鍵穴にくっつく可能性2021年05月18日 20:53

南ア株等は英株よりがっちり細胞鍵穴にくっつく可能性
 関西を中心に日本を席巻している英国由来変異株。N501Y変異によって感染速度が速くなっているとされる。南アフリカ株やブラジル株は英国株のN501Y変異に加え、E484Kという変異もある。細胞の表面には侵入するドアを開けるための鍵穴(受容体)があり、コロナウイルスの表面のギザギザ「スパイクたんぱく質」にはその鍵穴に合う鍵(リガンド)がある。N501YとE484Kの両方の変異があると、単独の変異に比べこの鍵と鍵穴の結合がより強固になるという報告が出た。

◆Molecular dynamic simulation reveals E484K mutation enhances spike RBD-ACE2 affinity and the combination of E484K, K417N and N501Y mutations (501Y.V2 variant) induces conformational change greater than N501Y mutant alone, potentially resulting in an escape mutant
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.01.13.426558v1

◆南ア株が超悪魔ウイルス化しないの何故
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/17/9378486

◆(新型コロナ)変異株、新たな危機
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14905500.html

◆インド変異株致死率低い 東大等の統計分析で
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/10/9376114

◆インド型変異ウイルスの正体と予防策 感染力は増強、ただし致死率は低下か
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65166

◆インドの二重変異博士は適当なワイドショー専門家と似ている
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/07/9375119

◆もう頭痛が 今度はインドの三重県の変異株かい 変異種とかお馬鹿用語が消えたと思えば
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/04/24/9370382

◆バカっぽい用語・二重変異 日本でも定着か
https://kajiyan.asablo.jp/blog/

◆インド二重変異株 頭の悪い人が書いてる感じで意味不明
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/04/19/9368814

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/18/9378971/tb