職業科学の例えツッコミ ノーベル物理 惑星探しに思う2019年10月09日 17:18

 太陽系外惑星発見のノーベル物理学賞。ジュネーブ大の最初の発表は1995年で、その1年後、発見が10個ぐらい貯まった時に「太陽系以外の恒星を回る惑星探しが世界の天文学者の間でちょっとしたブーム」というのを書いた。
 その中で、惑星を望遠鏡で直接見て見つけるのが難しい理由をこう書いている。
「惑星は自分自身で光らないため、非常に暗い。その上、すぐそばに明るい星が輝いている。例えば、太陽系で一番大きい木星と比べても太陽は十億倍も明るい。やみ夜に灯台のライトのそばにいる虫を見分けるようなものだ」
 この「灯台と虫」の例えは自分で考えたのだが、きっと記事を読んだのだろう、国立天文台の教授が会見や記者向け説明会でこの例えをパクルようになった。まあ、芸人の例えツッコミと同じで著作権などないが。
 大学や研究機関のプレスリリースは、その分野を知っている人間にとってはとても分かりやすいが、固い用語が次々出てきて、一般読者には近寄りがたいもの。科学の例えツッコミ役として、科学ジャーナリストの存在意義はなくならないだろう。ほかの分野同様、ちょっと詳しい第三者として外部から批判する役割ももちろん重要だが。

毎年ノーベル的中のケムステ 分野予想は毎回はずれで改良2019年10月09日 18:17

ケムステという化学専門サイトのノーベル賞予想。毎年、化学賞の業績内容を説明するノーベル選考委員の解説者を的中させている。業績はその解説者の専門に割と近い分野というのも的中させている。ところが、肝心のまさに受賞した分野そのものは毎回はずしている。
 そして、今年は戦略を変えている。解説者は自分の専門ともろにかぶる人は避け、近いけどちょっと離れた分野になるのではないかと言うのだ。
 今年の解説者予想1位Åqvist氏の専門は京大にも該当者がいるバイオインフォマティクス。だが、ケムステはあえてそれをはずし、たんぱく質とたんぱく質の反応と読んでいる。具体的名前は挙げてないが、すると、京大の森和俊教授やゲノム編集のシャルパンティエ、ダウドナにも可能性がありそうだ。フェン・チャンははずれて第1世代のゲノム編集を開発した人が入るだろうというのは前に書いたとおり。
 解説者の2番手候補は有機合成が専門。そうすると日本人はたくさんいる。阪大の村井教授と慶応大の垣内教授、微生物化学研究所の柴崎所長、名古屋の山本尚教授などだ。

ノーベルは本当に公平だなと グッドイナフ単独と思ってた 吉野さん受賞決定2019年10月09日 19:18

 めぼしい日本人候補がはけていく中で、リチウムイオン電池は別格。これがなけりゃアイホンもスマホもないんだから、インパクトは青色LED以上というのは分かっていた。が、グッドイナフ氏単独だと思っていた。だって、「リチウムイオン」の電池だから。簡単に言うと、リチウムイオン電池の正極リチウムの方を作ったのがグッドイナフ。炭素材料で負極を作ったのが吉野彰さん。吉野さんには1回だけ話を聞きに行った事がある。
 こうしてみると、ヨーロッパは、そして、何よりノーベル委員会は科学に対して公平だなと。人種、地域関係ない。それに比べ、アメリカの有名な賞はやはりアメリカ人に有利。