英死亡激減ワクチンで説明できないのウソ 回答編2021年08月04日 19:48

英死亡率激減をワクチンで説明できないは何故ウソか 回答編
前回の「英死亡率激減はワクチンで説明できない」は何故ウソかの回答。「イギリスの新規感染者の死亡率が20分の1に激減するには、ワクチンで死亡率がゼロになるとしても、新規感染者の95%が接種者でないと成り立たないから、ワクチンだけでは死亡率激減を説明できない」。これもまあ、典型的な統計でウソをつく法だ。ワクチン接種者、未接種者の本来の(ワクチンを打ってない場合の)死亡率が同じだとしているからだ。年齢や基礎疾患の要素を無視している。ワクチンを打ってなければ死亡率が非常に高くなる高齢者などハイリスク群がワクチン接種者に多く含まれているのだ。
 ワクチン接種済みが人口の60%、ワクチン接種で感染率が半分に下がるとしよう。すると、新規感染者に占めるワクチン接種者と非接種者の比率は、0.6×0.5:0.4=3:4だ。ワクチン接種前の死亡率がどちらも2%で、仮にワクチン接種で死亡率が0になるとしても、死亡率は2%×4/7=1.1%で、約半分にしかならない。
 しかし、ワクチン接種者(全人口の6割)の本来の死亡率が3%、非接種者(全人口の4割)の死亡率が0.2%とすれば、ワクチン接種前の平均の死亡率は1.88%。ワクチン接種率6割で、新規感染者に占める非接種者の比率が4/7となった場合、平均の死亡率は0.11%で約20分の1になる

◆この嘘見破れる? 英死亡率激減はワクチンで説明できない 統計でウソをつく法
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/07/26/9401963

この嘘見破れる? 英死亡率激減はワクチンで説明できない 統計でウソをつく法2021年07月26日 20:07

この嘘見破れる? 英死亡率激減はワクチンで説明できない 統計でウソをつく法
 イギリスではワクチン接種完了率50%ぐらいで感染防止規制を解除したため、新規感染者数が再び急増。だが、感染者の死亡率は2%から20分の1程度に激減している。仮に、ワクチン接種で死亡率が完全にゼロになると仮定しても、新規感染者の接種・未接種の割合が半々なら、死亡率は半分にしか下がらない。20分の1になるためには、新規感染者のワクチン接種者率が95%(接種者:非接種者=19:1)ということになり、ありえない。非接種者の死亡率が激減しているのは、デルタ変異株の弱毒化などワクチン以外の要因が大きい。

>首相は、ワクチン接種の進展により、感染と重症化、感染と死亡の因果関係は「切断した」と話している。
https://www.bbc.com/japanese/57759088

写真は「黒毛和牛のタタキむっちゃねぎ」

国内のL452Rが全てデルタ株とは限らない2021年07月19日 12:06

L452Rが全てデルタ株とは限らない
 N501YやL452Rを変異株の名前だと誤解している者もいる。従来株と比べて複数のカ所に変異が入っている変異株の変異の1カ所に過ぎない。PCRでL452R変異を持つことが確認されると、デルタ株と確定したような報道もある。そうとは限らない。デルタ株だと確定するには国立感染研などでRNAの配列調べる「全ゲノム解析」が必要で、それには1日以上かかる。L452R変異を持つ変異株には、デルタのほかに、アメリカ由来のイプシロン株、かつて、インドの二重変異株と持てはやされたカッパ株などデルタより格下の株がある。PCR検査だけで、すべでデルタだとは決めつけられないのだ。しかし、アメリカのイプシロン株の確認例はごくわずか。大騒ぎした割に雑魚キャラだった二重変異とやらも日本にはほとんど入ってきていないので、ほぼデルタが占めていると考えてもおそらく間違いなのだが。

ズルでパスの国産ワクチン打ちたい人いる? 日本のワクチンの将来のため無償で実験台になる崇高な方々?2021年07月13日 08:21

ズルでパスの国産ワクチン打ちたい人いる? 日本のワクチンの将来のため無償で実験台になる崇高な方々?
 河野大臣が年内にも投入できる国産ワクチンもあるとか言ってたが、国民側にも国産薬に対する盲目的な信頼を感じる。ワクチンの有効性を確かめるには数万人規模の臨床試験が必須だ。1000人だと発病するのはせいぜい10人ぐらい。仮に、接種でそれを2人に抑えられたとしても科学的な証明にならない。そこで、先行した独米のmRNAワクチンのデータを元に、血液中に同じように中和抗体ができていれば承認するという抜け道を厚労省とメーカーが組んで画策している。しかし、血液中に抗体ができることは補完的なデータにはなるが、効果がある証拠としてはまったく不十分。そんなインチキ、チートが許されるなら、中露印の国産ワクチンだって申請できる。
 さらに安全性はどうするのか。いくら仕組みが同じでも、ワクチン本体が微妙に違うし、添加物も製法も違う。数万人規模でやっても分からなかった血栓や心筋症が起きている。季節性インフルのワクチンは、新たな臨床試験はせず、抗体価などで評価してるが、毎年株だけ変えて何十年も同じ製法で作り続けてきたもの。
 アンジェスのDNAワクチンなんて使われた実績がない。
 もともとmRNA医薬を作るノウハウは日本にあった。工業的な生産技術の確立も容易だろう。しかし、あくまでも実験室での技術。多数の人に打った時に何が起きるかは臨床試験をしない限り分からない。今回、ファイザーは数億人規模の人体実験データを手に入れることができた。国内メーカーが1000人ぐらい実験した所でとてもたちうちできない。そのために、日本人が数十万人、数百万人、事によったら数千万人、無料で実験台になってくれるならとてもありがたいだろう。たとえ犠牲者が出ても補償はすべて国が肩代わりしてくれる法律がある。どうでもいいコロナ対策に10兆円も計上して揚げ句に申請詐欺を横行させるぐらいなら、その10分の1でも使って、大規模臨床試験に補助を出すべきだった。

◆第一三共 コロナワクチン 年内にも数千人規模の臨床試験実施へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210712/k10013133761000.html

横浜市長選IR反対派候補教授 間違い2021年06月23日 12:55

横浜市長選IR反対派教授 間違い
市長選に出る出ないでもめている横市の教授の新型コロナウイルスワクチンに関するインタビュー。明らかな間違いがある。また、これまで聞いてきた医学の常識と違う事も書かれている。教授が言い間違えたのか、インタビューアーの聞き間違え、勘違いなのか分かりらないが。この教授、経済出身で、院から理転。医療といっても統計解析などの専門家で、ウイルス学や免疫学そのものに詳しいわけではないようだ。

◆ワクチン、「かかった人」は受けるべきか 専門家に聞く
https://digital.asahi.com/articles/ASP2D36JPP27UTFL002.html

>>世界で行われているファイザー社やモデルナのワクチンの治験は、「感染したことのない人」を対象に行われているため、「1度感染した人は打たなくてもよいのか」ということについて、世界でもまだ定まった見解はありません。

 ファイザーのプロトコル(実験計画書のようなもの)を読めば明らかだが、ファイザーの臨床試験には感染歴がない場合と感染歴の有無を問わない場合の2つがある。ファイザーのプレスリリースには、「本解析において、2回目接種7日後から評価したSARS-CoV-2感染歴のない参加者の集団(1つめの主要評価項目)、SARS-CoV-2感染歴のある参加者と感染歴のない参加者を含む集団(2つめの主要評価項目)の両方において、ワクチンのCOVID-19発症予防効果は95%(p<0.0001)であることが示されました」と書かれている。定まった見解がないことはその通りだが。
◆ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチン候補の国際共同第3相臨床試験ですべての主要な有効性評価項目を達成
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/2020_11_19.html

少なくとも「感染した事のない人を対象に行われている」は間違い。「感染した事のある人についてはまだ明確でない」ぐらいならぎりぎりOK。

>>水ぼうそうでは、感染して回復した人には免疫がつくので、ワクチンを接種する必要はありません。

なんで水ぼうそうなんかを例に挙げたのだろうか。無難にはしかとか風疹とか言っておけばいいのに。水ぼうそう(水痘)のヘルペスウイルスは回復しても体内に居座り続け、帯状疱疹の原因になる。水ぼうそうにかかったことがある成人に水痘ワクチンを接種することで帯状疱疹を予防できる事は今は医学の常識のはずだ。

◆水痘ワクチンによる帯状疱疹の予防
https://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr-sp/2433-related-articles/related-articles-462/8236-462r08.html

ワクチン頭痛 8割気のせい 偽薬でも27%が訴え2021年06月19日 12:21

ワクチン頭痛 8割気のせい 偽薬でも27%が訴え
 ファイザーが、ワクチン接種群と偽薬(塩水)接種群で有害事象にほとんど差がないことを示すために公表したデータなのだが。差が小さいことばかりに気を取られて気づかなかった。食塩水を打たれたのに、頭痛を訴える人間が27%もいるのだ。ワクチン群では35%。1回目のワクチン接種後、3人に1人で頭痛が起きるが、その約8割が気のせいということになる。筋肉注射の痛みやワクチンを打たれたという精神的ショックで頭が痛くなってしまうナイーブな人がこんなにいるのだ。2回目は慣れるのか、やや下がるが、ワクチン群は10ポイント以上も上がる。本当の副反応による頭痛の発生が増えるのだろう。
 さすがに、気の迷いで38度の熱を出すほど感受性が強い人はめったにいないだろうから、発熱はたまたまだと思うが。
 モデルナだと、やはり1回目は約3分の1が頭痛を訴え、その8割以上が気のせい。2回目接種は倍近い約6割に跳ね上がる。
 ただし、この臨床試験、「これは塩水です」と教えて打った場合との比較がない。なので、初めての場所に行って、順番を待ち、問診などを受けるストレスや疲労による頭痛、全く別な原因の頭痛などが含まれているかもしれない。
 ちなみに、偽薬で悪い反応が起きる事をノセボ効果というそうだ。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_moderna.html

コロナの飲み薬 構造見る限り期待できそうにない2021年06月14日 18:35

経口コロナ薬 構造見る限り期待できそうにない  新型コロナウイルス初の飲み薬ということでニュースになっていたが、構造式を見る限りほとんど期待を持てない。このモルヌピラビルも、レムデシビルやアビガンも、元は抗がん剤だ。そして、帯状疱疹の特効薬アシクロビルも、C型肝炎の特効薬も、HIVのAZTも、みなそうだ。これらはDNAやRNAの合成を邪魔するため、がん細胞の増殖を抑える。同じ仕組みでウイルスのDNA、RNA合成も妨げる。原理は簡単で、DNAやRNAそれぞれの4種類の部品のどれかに似た化合物。DNAやRNAを作る酵素が正規の部品と間違えて作りかけのDNA、RNAにつないでしまうため、正常なDNA、RNAができなくなってしまう。しかし、正常な細胞の酵素のDNA、RNA合成も妨げ、細胞に対して毒性がある。そこで、ウイルスの酵素のみに作用するようにいろいろ工夫する。例えば、B型肝炎やHIVで使うFTCは、イオウ(S)やフッ素(F)で炭素(C)を置き換えている。何より、右手系と左手系を入れ替えている。細胞の酵素はこの鏡に映したような右手系左手系を厳密に区別するが、HIVの酵素は騙されてしまう。そのため、FTCは非常に毒性が低い。  ところが、モルヌピラビルは、構造はシチジンとほとんど同じ。これではウイルスの増殖を抑える濃度と細胞に障害を与える濃度の差を大きくできず、副作用が大きいのではないかと予想される。もともとインフル用だったが、異なるウイルスに幅広く効くということは結局いろいろ害をなすというのと裏腹だ。やはりコロナウイルス専用の薬剤を開発しないとうまくいかないではないか。
 新型コロナウイルス初の飲み薬(といっても、コロナで承認されている抗ウイルス薬はレムデシビルしかないが)ということでニュースになっていたが、構造式を見る限りほとんど期待を持てない。このモルヌピラビルも、レムデシビルやアビガンも、元は抗がん剤だ。そして、帯状疱疹の特効薬アシクロビルも、C型肝炎の特効薬も、HIVのAZTも、みなそうだ。これらはDNAやRNAの合成を邪魔するため、がん細胞の増殖を抑える。同じ仕組みでウイルスのDNA、RNA合成も妨げる。原理は簡単で、DNAやRNAそれぞれの4種類の部品のどれかに似た化合物。モルヌピラビルはRNAの部品A、G、U、Cのうち、Cのシチジンによく似た化合物です。RNAを作る酵素が正規の部品と間違えて作りかけのRNAにつないでしまうため、正常なRNAができなくなってしまう。しかし、正常な細胞の酵素のRNA合成も妨げ、細胞に対して毒性がある。そこで、ウイルスの酵素のみに作用するようにいろいろ工夫する。シチジンの類似化合物では、例えば、B型肝炎やHIVで使うFTCがあり、イオウ(S)やフッ素(F)で炭素(C)を置き換えている。何より大きな特徴は右手と左手で持つ物がシチジンと逆になっている。細胞の酵素はこの鏡に映したような右手系左手系を厳密に区別するが、HIVの酵素は騙されてしまう。そのため、FTCは非常に毒性が低い。
 ところが、モルヌピラビルは、構造はシチジンとほとんど同じ。これではウイルスの増殖を抑える濃度と細胞に障害を与える濃度の差を大きくできず、副作用が大きいのではないかと予想される。もともとインフル用だったが、異なるウイルスに幅広く効くということは結局いろいろ害をなすというのと裏腹だ。やはりコロナウイルス専用の薬剤を開発しないとうまくいかないではないか。
 この契約は、臨床試験の結果がよければ緊急使用許可 (EUA)か正式承認が出て、その場合は買うということ。レムデシビルと同様入院期間が短くなる程度で、死亡率が劇的に下がるとか考えにくい。何が起きるか分からないのが医学生物学だが。
 ちなみに、モルヌビラビルの 左の方にくっついているのは、細胞膜を透過させるための保護基(イソ酪酸エステル)で、細胞の中ではずれて、シチジンと同じOH基に戻る。結局、違いは、シトシン部分のNH2がNHOHになっているだけ。
◆Merck 社は,軽症から中等症の COVID-19 の治療のための経口抗ウイルス薬の治験薬候補であるモルヌピラビル(Molnupiravir)の米国政府との供給契約を発表
https://kitasato-infection-control.info/swfu/d/ivermectin_20210612_j.pdf

ワクチン抗体量,感染の60倍 千葉大も2021年06月09日 11:45

ワクチン抗体量,感染の60倍 千葉大も
 千葉大の結果でも、既感染者は21人と少ないが、その抗体力価の平均に対し、ワクチン接種者の力価は60倍ぐらいになっている。やっぱ、mRNAワクチンの獲得免疫を誘導する効果はヒクほど強いようだ。

◆新型コロナワクチン接種者1,774名のほぼ全員で抗体価上昇
https://www.ho.chiba-u.ac.jp/.../news/info/info2021_03.pdf

◆Antibody responses to BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine in 2,015 healthcare workers in a single tertiary referral hospital in Japan
https://www.medrxiv.org/.../2021.06.01.21258188v1.full

◆ワクチンでできる抗体量は感染者の60倍 変異株にも効く理由か
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/06/07/9385626

二重変異も混合型も雑魚キャラ ラスボスなんて生まれないですから2021年06月08日 21:18

二重変異も混合型も雑魚キャラ ラスボスなんて生まれないですから
インドの二重変異に続いてラスボス扱いされたベトナムのハイブリッド変異も空騒ぎ。変異株同士が合体すれば魔改造で最強キャラが生まれるとかそういう幼稚園児の妄想みたいな話に騙されるのはもういい加減止めにして欲しい。日本で一番猛威を振るっているのはN501Y変異が特徴のアルファ(英国生まれ)。N501Yに加え、E484Kもあるベータ(南ア生まれ)、ガンマ(ブラジル生まれ)はぱっとしない。インドの二重変異は一番格下のカッパに降格。4強の懸念される変異(VOC)に入れたデルタは二重変異でないインド生まれだ。ベトナムはハイブリッドを否定された。何度も言うようにコロナではインフルのような混合なんて簡単に起きない。
 次は、どこの自称専門家がどんな珍妙な変異を名付けるか、タノシ、じゃなくて頭が痛い。マレーシアかチリかケニア辺りだと思う。さすがに3度目は日本のメディアも騙されないと信じたい。

◆ベトナム変異、「混合型」の見方否定 WHO専門家
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210604/mcb2106041103021-n1.htm

◆インドの二重変異株(w)は降格されていた デルタからカッパに
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/06/03/9384301

◆ガンダム続編タイトルはなぜゼータ?
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/06/03/9384131

◆インド株がデルタになるは不正確 WHO新名称
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/06/02/9383809

◆武漢株はどうする? WHO国名禁止
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/06/01/9383492

◆武漢病NG,武漢株OK WHO規則の分かりにくさが混乱の元
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/05/11/9376447

ワクチンでできる抗体量は感染者の60倍 変異株にも効く理由か2021年06月07日 18:51

ワクチンでできる抗体量は感染者の60倍 変異株にも効く理由か
 北日本新聞にしか載ってないって事はあまり信用されてないのかもしれないが。測定条件で活性は変わりやすいし。60倍はちょっとオーバーではないかとは思う。それにしたって、このmRNAワクチンは、実際の新型コロナウイルスに感染するよりずっと抗体価が高くなるのは本当らしい。なぜ従来株用のワクチンが変異株にも効くのか。変異によって中和抗体の威力が下がっても物量でカバーしているという説と、変異で影響を受けにくい場所に結合する抗体ががんばっているという説がありますが、やはり量で押し切っているようです。抗体が織田の尾張勢のような弱兵でも100倍いれば、鬼神の如き武田、上杉にも勝てるという。非常に有効性が高いとされるはしかの生ワクチンだってこんなに強くない。ワクチンの歴史を覆す画期的発明なのかしれないが。こんなに強く免疫を刺激して本当に大丈夫なのかとそっちの方が心配になる。

◆新型コロナウイルス感染後・ワクチン接種後の免疫の「質」と「量」が明らかに~新型コロナ対策の取り組みを支える成果~
https://www.u-toyama.ac.jp/wp/wp-content/uploads/20210602.pdf

◆Correlation of the commercial anti-SARS-CoV-2 receptor binding domain antibody test with the chemiluminescent reduction neutralizing test and possible detection of antibodies to emerging variants
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.05.25.21257828v1
◆Functional and quantitative evaluation of BNT162b2 SARS-CoV-2 vaccine-induced immunity
https://medrxiv.org/cgi/content/short/2021.05.26.21257884v1