マブマブ,舌かみそうなコロナ薬,命名の意味は2021年09月28日 12:55

マブマブ,舌かみそうなコロナ薬の意味は
カシリビマブ、イムデビマブ、ソトロビマブ。何で覚えにくい名前ばかりなのかと質問された。薬には一般名と商品名があって、一般名は主成分の化合物名なので、堅苦しい名前が付く。抗体医薬でも、がん免疫療法のキイトルーダやオプジーボ、乳がん・胃がんなどの治療薬ハーセプチンなど、古代神話の怪物やアニメのヒーローメカみたいな覚えやすい商品名。でも、一般名は、ペムブロリズマブ、ニボルマブ、トラスツズマブ。
 マブ(mab)というのはモノクローナル抗体(monoclonal antibody)の事で、抗体医薬には基本この語尾が付く。
 mabの直前のアルファベットは、その抗体がどの動物由来かを示す。
uは100%人間(human)、zuはほぼ人間に近い(humanized)、xi(キメラ 人とマウスなどが混ざっている)、i(サル)、o(マウス)などと決まっている。
 そして、そのさらに前のアルファベットは抗体医薬の攻撃対象のたんぱく質を表す。最近承認されたコロナ治療薬のようにウイルスのたんぱく質に対する抗体だったらviralのvi。抗腫瘍抗体だったらtumorのtu。
 ハーセプチンのTrastuzumabは、腫瘍(がん細胞)のたんぱく質を攻撃する大部分ヒト化された抗体だと分かる。キイトルーダのPembrolizumabやオプジーボのNivolumabのl、liは免疫に関連するたんぱく質を攻撃するという意味。
 阪大が開発したリウマチ薬で新型コロナウイルス感染の重症化防止にも使われるアクテムラ(Tocilizumab)も同様、免疫に関係するたんぱく質(サイトカインIL6受容体)に対するヒト化された抗体。

◆コロナ軽症用二つ目の治療薬「ソトロビマブ」を特例承認 厚労省
https://digital.asahi.com/articles/ASP9W4DW9P9WULBJ003.html

◆新なコロナ薬 なぜ抗体薬ばかりか
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/09/07/9420500

◆コロナ"治療薬"なら日本企業でも可能だろうが
https://kajiyan.asablo.jp/blog/2021/09/27/9427442

ワクチン感染予防効果なしとは誰も言ってない2021年03月01日 09:43

 mRNAワクチンのCOVID19予防効果が90%以上と発表された当初、「感染」予防効果が90%だったと間違えて報道していた所が結構あった。論座とNEWSPICSは間違いを指摘したらすぐ「発症」予防効果に直したが。こちら↓は何か中途半端に図表だけ直している。

◆2つの新型コロナウイルスワクチン これまでに分かっていることとまだ分かっていないこと(追記あり)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201122-00209031/

ところが、今度は逆に、発症を予防するだけで感染は予防しないと曲解する人が出てきた。「発症予防効果は確かめられたが、感染予防効果についてはまだ検証中で何とも言えない」というのが正しい。なぜ、こう科学を白か黒の2色の単純な物だと思っている人が多いのか。また、プロの医者でも、新型コロナウイルスのように無症状感染が多い場合、ワクチンが感染を防ぐかどうか確かめるのは極めて困難だとか書いてる人がいるが、それは一般論だ。mRNAワクチンはワクチンでできる抗体と新型コロナウイルス感染でできる抗体を区別できるので、抗体の有無でワクチン接種後にウイルス感染したかどうか調べられる。ファイザーのプロトコルをちゃんと読めば、臨床試験参加者4万数千人全員の血液を1カ月後、半年後、1年後、2年後に調べると書いてある。ワクチン接種と偽薬で感染率に差が出るかどうか分かるはず。ただし、結論が出るまでとても時間がかかる。
 モデルナの暫定評価で感染予防の有効率63%というあまり当てにならない数字がある。常識的には、発症予防の有効率95%以上にはとても及ばないが多少の感染予防効果があると考えるのが妥当だろう。有効率50%で感染確率が半分になるだけでも感染増大の勢いをそぐ力はある。

◆新型コロナワクチン、「感染予防効果なし」は誤り。ワクチンの効果、副反応について専門家に聞きました
https://news.yahoo.co.jp/articles/3dc22fe9b15d1d70b45af7c14ed3671ea1147cfb?page=3

◆無症状者からの拡大抑制か モデルナワクチン週内許可
https://www.muromin.jp/news.php?id=18841
◆コロナワクチン効果は発病予防でやはり感染予防ではない
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/26/9320689
◆感染は止められない? ファイザーのコロナワクチン
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/11/10/9315160

コロナ調査場所非公開は都民の民度が低いから?2021年02月02日 14:01

コロナ調査場所非公開は都民の民度が低いから?
 厚労省が委託した都の新型コロナ抗体保有率疫学調査に親が当選したので行ってきた。ネット募集のみだから高齢者の当選確率は高いだろうという読みが当たったようだ。当然、自分ははずれた。この調査、統計的な意味は全くない。が、我々の税金を使って、民間より判定の信用性が高い検査をしているのだ。行かない手はない。
さて、当選メールの説明に「混乱を避けるため」会場は口外しないよう書いてあった。期間が終わったら、もうしゃべってもいいだろうと思って、問い合わせたら、「今後もショナイに」との事。期間中、人が押しかけたりしたら困るだろうが、終わったんだからもういいのでは。
「その期間にその場所でやっていた事が分かると風評被害が起きる恐れがあるので」
そういう発想はなかった。
「患者の収容施設じゃないんですよ。疫学調査の意味を理解してればそういう解釈はあり得ないけど、都民は民度が低いから疫学調査の意味が理解できないと思ってるって事ですか?」
あわてて、「いやそういう意図ではありません」
いや、そういう意味だろう。
 どうせ陰性だろうけど、まだ結果が来ない。

◆NiziU世論調査ネットで募集するような物 厚労省の抗体保有率調査: かじヤンの科学する心
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/12/04/9323419

コロナワクチン画期的貢献のカリコはノーベル賞当確か 英雄視はまだ怖い2020年12月26日 14:19

 新型コロナウイルス用ワクチン1番乗りのビオンテック、ファイザーのmRNAワクチンの開発になくてはならない発見をしたというハンガリー出身の科学者カタリン・カリコを多くのメディアが英雄のように取り上げている。ライバルのモデルナも博士の特許に莫大なライセンス料(数十億円規模)を払っているそうだ。
 両陣営のmRNAワクチンが大きなシェアを取り、コロナ終息に貢献し、かつ、大規模で重篤な副反応が起きなければ、カリコ博士のノーベル賞もあるだろう。共同研究の村松浩美博士はゲノム編集の石野良純教授のように残念賞だろうか。医学か化学かで迷う所も似ている。
 ノーベル賞予定稿風に説明すると。
「遺伝子RNAを外から細胞に入れ、ウイルスなどのたんぱく質を作らせる核酸医薬のアイデアは以前からあった。人間のDNA自体に手を加える遺伝子治療に比べ、細胞のがん化などの危険が少ないと考えられている。だが、mRNAは体内では壊れやすい欠点があった。また、mRNA自体が異物と認識され、炎症反応が起きる問題もあった。カリコ博士らは、mRNAを構成する部品の一部を別な分子に変えたmRNAを使うと分解や炎症反応が抑えられ、たんぱく質がよく作られる事を発見した。また、mRNAを脂質で包んだ微小な粒にすると微量なmRNAでも効率よくたんぱく質ができるようになるという改良も加えた」

 ただ、現時点の段階であまりもてはやしすぎは後が怖い。

ワクチンが返って重症化させるADE現象は、ワクチンによる免疫が中途半端な場合に起きるので、mRNAワクチンの場合、あまり心配ないだろう。ワクチンのこれまでの常識は、実際にその病気にかかる事が最強のワクチンであり、ワクチンで得られる免疫は実際のウイルスに感染した場合に比べて弱いというものだ。しかし、mRNAワクチンは、研究報告によると、免疫を刺激し、誘導する効果が非常に高く、下手したら、本物の新型コロナウイルスに感染した場合よりも強いかもしれないぐらい。常識を覆すワクチンだが、逆に強すぎて害にならないか、例えば、ウイルスたんぱくが関係していると言われる自己免疫疾患(ギランバレー症候群やSLEのような)の呼び水になってしまわないか懸念がある。

*今頃、まだ、ファイザー、ビオンテックのワクチンが「95%という高い感染予防効果を示した」とか書いていたので指摘しておいた。すぐに直す所はさすがだが。

◆コロナの革命的ワクチンを導いた女性移民研究者
https://webronza.asahi.com/science/articles/2020122100010.html

紅茶のカテキンは緑茶より多い 意外に知らない常識の間違い2020年10月21日 13:33

紅茶のカテキンは緑茶より多い 意外に知らない常識の間違い
 紅茶について詳しく調べたきっかけは、
 ちょっと昔だが、緑茶の健康効果に関する原稿に「カテキンは緑茶に特徴的な健康成分で、紅茶のように製造過程で発酵させると失われる」と書いているライターがいたので、それは間違いだと言って直させた。その時、紅茶のカテキンが意外に多い事ぐらいは知ってたが、指摘するにあたって裏付けになるデータを集めた。せっかく調べたので後で紅茶の原稿を書いた。
 緑茶の健康イメージが強すぎて、カテキンは緑茶だけのものと思い込んでいる事が多いようだ。だが、茶葉の種類と作り方によってカテキンの含有量は違う。調べたら、場合によっては紅茶の方が緑茶よりカテキンが多いというデータもあった。緑茶だけにカテキンがあるような書き方はどう考えてもおかしい。
 カテキンはお茶の苦み成分。お茶の旨み成分であるテアミンというアミノ酸から作られる。強い日光を浴びるほどカテキンが増える。旨みを増やすため、わざと日光を当たらなくして育てたのが玉露だ。植物は日陰に逃げる事ができないので、日光の紫外線から細胞を守るために強い抗酸化作用があるカテキンを作っているのだろう。紅茶は葉を発酵させて作り、発酵でカテキンの一部が失われるのは正しい。それに比べ、緑茶は蒸すだけなので、失われる量は少ない。だから、緑茶の方がカテキンが多いと言うのは早計だ。以前に茶葉には涼しい地方生まれの中国種(バラエティシネンシス)と熱帯のインド生まれのアッサム種(バラエティアッサミカ)の2種があると書いた。そして、主に緑茶に使われる中国種より紅茶に使われるアッサム種の方がカテキン含有量が多い。発酵で失われても元々の含有量が多いので、種類によっては紅茶の方が緑茶よりカテキン量が多いのだ。さらに、紅茶には、カテキンが発酵してできるテアフラビンという緑茶にはない成分がある。このテアフラビンはインフルエンザウイルスを倒す能力がカテキンよりはるかに強い事が知られている。ただし、試験管の中の話なので、紅茶を飲んだり、うがいしたりしてもインフルは予防できない。だが、濃い紅茶で手を洗ったり、物を拭いたりすれば、付いてるインフルエンザウイルスを不活化できるかもしれない。
 結局、件の原稿は「カテキンは緑茶に特徴的な健康成分で、紅茶のように製造過程で発酵させると減る」と、ウソではないが、やはり紅茶の方が下のような書き方のままだった。そもそも、緑茶の良さを取り上げるのに、わざわざ紅茶をけなす必要はない。ましてや、その悪口が間違っているのでは目も当てられない。

緑茶と紅茶は葉が違う 製法の差だけ常識の間違い:
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/08/15/9278745

緑茶と紅茶は葉が違う 製法の差だけ常識の間違い2020年08月15日 08:20

緑茶と紅茶は葉が違う 製法の差だけ常識の間違い
 久しぶりにダージリンのファーストフラッシュを飲んだ(写真の真ん中)。この製品はたぶん本当のダージリンだ。茶葉はやや緑や黄色がかっていて、煎茶や中国茶に近い感じがする。紅茶の色合いも黄色みがあり、風味や味わいはいわゆる紅茶とは全く違う。日本茶や中国茶のお茶感があるのだ。「緑茶、紅茶、烏竜茶の原料は皆同じ茶葉で、加工法が違うだけ」。この俗説を信じている人が結構多いようだ。普通になじみのある紅茶と、日本茶や中国茶は葉が違う。茶葉の原料にある植物には2種類あるのだ。
 元々、お茶に使われていた葉は今では中国種(バラエティシネンシス)と呼ばれている。イギリス人が中国からインドに持ち込み、標高の高いダージリンで栽培したのが本来のダージリン紅茶。中国種はダージリンのような涼しい地域であればともかく、インドの熱帯気候は生育に向かない。いつごろの事かはっきりしないが、インドのアッサム地方で野生種として発見されたのがアッサム種(バラエティアッサミカ)。生物学的には同じ種とされているが、中国種より葉が大きく、背も高い。ニルギリ、ジャワ、ケニアなどもアッサム種を栽培した紅茶。英語でblack teaと言うだけあって、見た目が黒い。
 ところで、本来緑茶に使われる中国種をダージリンのように紅茶にしたものはあるが、その逆、本来紅茶に使われるアッサム種を緑茶にしたものは聞いた事がない。アッサム種の生の葉をかじってみた事があるが、中国種の葉に比べ、メチャクチャ苦い。発酵させて紅茶を作る過程で苦みが減る。おそらく、アッサム種を蒸すだけで発酵させない緑茶にすると苦すぎて飲めないのだろう。

アスピリンが肝癌予防 そりゃそうだろうね2020年03月24日 13:36

 低用量アスピリンがB型、C型肝炎患者の肝臓がんを予防するという研究結果がニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに載った。
 そりゃあ、そうだろうね。
 肝臓がんの原因の7割を占めるとされるC型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染で肝臓に起きる炎症。炎症が長く続く事で肝硬変からがんに進む。アスピリンは炎症を抑える薬なんだから。それ以外の効果も効いてるかもしれないが。
 ウイルスが病気を起こす理由は大きく分けると2つある。ウイルスそのものが悪さをする場合。感染した細胞を壊したり、がん化させたり。免疫細胞を壊すHIVや白血病ウイルスなどが典型。そして、ウイルスを排除しようとする免疫の反応が強すぎて高熱やせき、くしゃみ、下痢などが起きる場合。エボラもウイルス自体に毒があるというより、脱水症状で死ぬケースがほとんど。C型肝炎もその典型。ウイルスに感染すると肝炎になる理由を満屋博明さんは「江戸の火消し」と例える。火消しが家を壊して、炎が燃え広がるのを止めるように、人間の免疫機能がウイルスに乗っ取られた肝臓細胞ごと壊す。これが肝臓に起きる炎症。C型肝炎ウイルスはヒト以外の動物に非常に感染しにくい。でも、免疫機能を働かなくしたノックアウトマウスにヒトの肝臓細胞を移植すると、ヒトの肝臓ができてC型肝炎ウイルスに感染する。が、炎症は起きず肝炎にはならない。
 B型肝炎のがん化機構は単純な炎症でないとされるが、それでも効果があるようだ。
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa1912035

このタレントの白血病は池江選手と同じ2019年12月27日 12:20

 たまにはブログタイトルらしい話題を。
このタレントの白血病は池江璃花子選手と同じ急性リンパ性。
◆「売名だね」ネットに悪口 白血病公表した彼女のいま
https://digital.asahi.com/articles/ASMDF5X2RMDFUFEV002.html?iref=pc_ss_date

 以前、池江選手の詳しい診断名は本人が進んで公表しない限り、SNSや雑誌などでの詮索は止めてあげて欲しいと書いた。自ら公表したという事は検査結果の数値などかなり治療結果がいいからなのだろうと個人的には期待している。
◆「病名・白血病」は「好きな食べ物・麺類」と答えるような物
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/02/16/9036845

「病名・白血病」は「好きな食べ物は麺類です」ぐらいだとすれば、急性リンパ性白血病は麺類がパスタに限定されたという所だ。
 白血病にもいろいろあり、慢性骨髄性白血病は分子標的薬の進歩により薬だけで完治が可能かもしれないと期待されている。急性に関してはそれほど効果の明確な分子標的薬はまだない。最初は抗がん剤を使う化学療法で白血病細胞(がん細胞)を叩くが、白血病細胞の活動を押さえ込めたところで、若くて体力があれば移植に進むのがまだ一般的。
 造血幹細胞移植というと、まるで、移植自体が白血病の治療のように聞こえるが、実際に治療に使われているのはやはり抗がん剤だ。一般の化学療法よりずっと大量で強力な抗がん剤を使い、さらには放射線もプラスして体内の白血病細胞を徹底的に破壊する。何でこんな事ができるかというと、白血病細胞などのがん細胞は生きている細胞だから大量の抗がん剤や放射線で死ぬが、赤血球は元々生きた細胞ではないので死なないのだ。ただし、体を外敵から守る免疫細胞(白血球)や血液をつくる造血幹細胞も白血病細胞もろとも死んでしまう。そこで、他人の造血幹細胞を取って点滴で体に入れる。移植された細胞が定着して新たな免疫細胞などが増え出すまでウイルスなどの外敵から身を守れないので、感染症などになると非常に危険だ。
 近年、移植自体にも補助的な治療効果がある事が分かってきた。白血病細胞のようながん細胞は日々体内で生まれているが、生まれてもすぐ免疫細胞の攻撃を受け、壊される。そんな中、免疫細胞の攻撃をうまくかわす戦略を身につけたがん細胞が増えて、がんになるのだ。がん細胞は本人の正常な細胞から生まれるから免疫の攻撃を元々受けにくい性質がある。
 造血幹細胞移植で新たにつくられる免疫細胞は患者とは他人のものだ。逆に新たな免疫細胞側から見れば、患者の白血病細胞も他人なので積極的に攻撃する。これまで患者自身の免疫はかわしてきた白血病細胞も勝手が違い、やられてしまう。これを「移植片対白血病効果(GVL効果)」という。ただし、これは患者自身の細胞にも言える事で、移植でできた他人の免疫細胞が患者の臓器を襲うGVHD(移植片対宿主病)という危険な副作用と諸刃の剣だ。GVHDが起きないよううまくコントロールしながら、GVLで白血病細胞を根絶やしにし、再発を防ぐというのが治療戦略だ。

サリドマイドの悲劇60年の謎ついに明らかに 東京医科大が論文発表2019年10月08日 03:32

 1950年代末、睡眠薬や精神安定剤として発売され、服用した妊娠女性から手足や耳に障害のある子どもが産まれる大薬害を起こしたサリドマイド。なぜ、そのような副作用が起きるのか。それは長らく謎だった。その謎を、ついに、東京医科大の半田宏特任教授やミラノ大のグループが解き明かした。
 端緒は、2010年、当時は東工大の教授だった半田さんらの研究。それまで、サリドマイドは体の中で何に作用しているのかさえ全く分かっていなかった。薬害事件から半世紀、半田さんらは細胞内でサリドマイドの相手となる酵素セレブロン(CRBN)を見つけた。
 セレブロンはたんぱく質の分解に関わる酵素(の部品)だ。簡単に言うと、セレブロンは細胞内のたんぱく質に粗大ゴミのシールを貼る役割を持つ。シールを貼られたたんぱく質はごみ回収で分解される。
 サリドマイドがセレブロンにくっつくことで、シールを貼る相手が変わり、分解に回される対象が変わる。
 今回、サリドマイドがくっついたセレブロンはp63というたんぱく質を分解に回す事がわかった。p63は手足や耳ができるのに重要な役割を果たすことが知られている。グループの伊藤拓水准教授らがゼブラフィッシュという熱帯魚で実験した。普通のゼブラフィッシュは卵の発生段階でサリドマイドを加えると、ひれや耳に障害が起きる。だが、ゼブラフィッシュのp63に遺伝子変異を入れることで、サリドマイドの作用による分解を受けにくくさせると、障害が起きなくなった。
 サリドマイドは1960年代初頭には各国で販売が停止された。その後に多くの薬効がある事が分かり、現在では妊娠女性が誤ってのまないよう厳重な管理下で再発売されている。例えば、自己免疫疾患と呼ばれるベーチェット病などの難病の特効薬だ。また、血液のがんの一種の多発性骨髄腫、糖尿病、がんの悪化に関わる悪液質などにも効く。これらもサリドマイドがセレブロンにくっつくことで病気に関係するたんぱく質が分解されると考えられている。多発性骨髄腫ではがんの増殖に関わる「イカロス」というたんぱく質が分解されることで効く事をやはり半田さんのグループが突き止めた。
 サリドマイドと似た構造でより効果の強い新薬が発売されているが、いずれも動物実験で副作用が出たため、サリドマイドと同じく、厳しい管理下で使われている。
 サリドマイドを改良した新規化合物で、p63への作用を抑えて、薬効のみが働くようにすれば、副作用を起こさない新薬をつくれるかもしれない。また、セレブロンとサリドマイドの関係を応用し、別な病気に関わる特定のたんぱく質を分解することで新たな治療法に結びつける研究も進む。

元論文はこちら↓

https://www.nature.com/articles/s41589-019-0366-7

https://www.titech.ac.jp/news/2019/045379.html

https://www.titech.ac.jp/english/news/2019/045375.html

移植でHIV完治はなぜ応用できないか HIVに不死身な能力は輸血でコピーされる(3)2019年03月07日 17:30

 骨髄移植でHIV感染が完治したのは世界でたった2例しかない。
そう簡単にやるわけにはいかないからだ。
この2例は2人とも白血病患者だった。

 よくこういう説明がある。

「白血病の治療には大きく分けて、化学療法(抗がん剤治療)と移植がある」

 そのため、骨髄移植などの移植自体が治療だと思われがちだが、移植は白血病の治療「方法」ではない。
あえて言うなら、<強力化学療法(大量抗がん剤)+場合によっては放射線>療法と呼ぶべきだ。体中に広がった白血病細胞(がん化した白血球)を徹底的に死滅させるため、髪の毛が抜けてメチャメチャしんどくなるほど大量の抗がん剤を一気に投与する。
 その結果、赤血球や白血球などの血液を作る造血幹細胞まで死に絶えてしまう。そこで、造血幹細胞が含まれる骨髄などを健康な人から取って患者に移植する。血液を作る能力を回復させるための処置。
 血液型まで変わってしまうほどのきつい治療なのだ。
この治療を普通のHIV感染者に応用できないのは明らかだろう。抗がん剤自体に重い副作用がある。移植された造血幹細胞が働いて白血球が作られるまでの間、免疫力は著しく弱まるので、その間の感染症は致命的だ。それに加えて、拒絶反応を防ぐため、免疫抑制剤まで使う。
 さらに、新たに作られる白血球は元々他人の物なので、この白血球が患者の臓器を襲う恐ろしい副作用があり得る。これは移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれる。起きると致死率が高く、移植やかつての輸血でもっとも怖い副作用だ。
 白血病という命に関わる病気だから選択肢になるリスクの高い治療法だ。薬さえ忘れずに飲んでいれば普通に生きていける一般のHIV感染者ではありえない。
 そこに、変革をもたらすかもしれないのが、ゲノム編集技術だ。