ノーベル賞学者塾を全否定 受験が柱な教育メディアで2023年12月01日 13:07

ノーベル賞学者塾を全否定 受験が柱な教育メディアで
 高校ではジェネラルな教養を身につけるべきで受験のために理系文系に分けるのはよくないというのはその通りだろう。自分も理系だが、作文も古文や漢文の暗記力でないエピソードも好きだった。「一体、どんな日本語教育を受けてきたんだ」と問いたくなる「独創的」な修正を原稿に入れる上司に「私は理系だけど、国語の成績はあんたよりはほんのちょっとだけマシだったぞ」と怒鳴りたくなるのを我慢したことが何度もある。
 しかし、そういう梶田さんが漢字、漢文、古文、日本史が苦手だったそうで。ノーベル賞級の業績を挙げた研究者は話を聞くとほとんどが特化突出型タイプという印象だ。本当に何でもできて専門外のことでも何でも知っている白川英樹さんのような人はめったにいない。オールラウンダーの東大の研究って京大の研究みたいな馬鹿馬鹿しさに欠け、何か面白みがなかったりする。
「真・普通の人」が参考にできない破天荒で自由闊達な「自称普通の人」石原さん、とても参考になる教育的な田中学長、受験産業への不信感をあらわにする梶田さん。期せずしてだが、あまりにも極端な三者三様連載になった。

◆「制限時間内の高得点競争」を社会は求めていない ノーベル物理学賞の梶田隆章さん
https://www.asahi.com/edua/article/15067899

◆底辺をはう成績だった中学時代、同級生の一言で急浮上 田中雄二郎・東京医科歯科大学長
https://www.asahi.com/edua/article/15067878
◆科学者たちはどんな勉強をしていたか
「“普通の人”でも科学はできる」と知った中高の理科授業 物理学者・石原安野さん
https://www.asahi.com/edua/article/15065984