命より本2020年12月10日 14:13

命より本
肺結核は、石川啄木がかかった当時、体力を温存する療養ぐらいしか対処法がなかった。上司の学芸部長が「何かいい物を食べて栄養をつけさせよう」と部内でカンパを募り、結構な額を渡したが、啄木はそれを全部、本代に使ってしまったそうだ。もらった金を何に使おうが自由だが、部長は「啄木らしい」と呆れ、苦笑いしたとか。私の祖父が曽祖父から「嫁にピアノを買いなさい」と渡された大金を黙って全額本につぎ込んだ事も以前に書いた。それぐらい本は貴重で、何としても手に入れたい物だった。
 そのことを思い出させてくれる「本好きの下克上」。主人公は盗まれた本を取り戻した時、見た目や重さだけででなく、においで本物と確信するほどの本マニア。これほど紙の本への渇望を描いた小説が、最初はネットの小説投稿サイトで連載されたというのが皮肉。私は今年の夏ごろに本で読み始め、既刊23冊を一月もかからず読み終わり、続きが気になって、残りをネットで最後まで読んでしまった。それでも新刊が出ると買ってまた読む。
◆本は貴重だった 慈悲の心が搾取の構造生む
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/09/10/9294069

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/12/10/9325378/tb