原作信者阿鼻叫喚の実写化の予感しかしない2020年10月28日 21:37

久しぶりに映画館に行ったら(鬼滅ではない。混んでる映画館は嫌いなので)、予告編で約ネバ実写をやっていてのけぞった。有名アニメの名台詞に「せっかくだから、原作信者阿鼻叫喚の残念な実写化映画が観たいわね。何かそれらしいタイトル公開してないかしら」というのがある。主人公は「いくつか思い当たるけど絶対言わないから」と絶叫してたが。
 昔なら、デビルマン、ドラゴンボール(逝き過ぎて逆に好評な面も)、デスノート(意外に脚本の評価は高いが)、今なら、進撃の巨人。
今年一番は約ネバだろう。なんちゅうムチャな。原作では11歳の主人公を二十歳の浜辺美波が。アフリカ系のヒールを渡辺直美。
 大体、今日俺みたいな学園物とかホームドラマならいいけど、SFやファンタジー系のマンガはそもそも無理。マンガの絵にはウソがあるから実写にするとそこがおかしな事になる。
 ただ、偏見かもしれないが、北川景子はこういうサイコパスな役はいつもはまっていると思う。「家売るオンナ」なんて言ってる事はサイコキラーと変わらなかったし。「探偵の探偵」も妹をストーカーに殺されたヒロインが裏で動いた異常者を追う話だけど、本人も相当イタイ人間だし。仕方ないけど、あの容貌では、日本の監督が好きな田舎町の芋姉ちゃんの役をやらせるのは無理だから(フラガールとかスウィングガールズとか)。どうしてもトラウマ背負ったコミ症人間の役とかでないと使いづらい。ほかにもルームメイトとか悪夢ちゃんとか。

映画『約束のネバーランド』公式サイト
https://the-promised-neverland-movie.jp/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiyan.asablo.jp/blog/2020/10/28/9310688/tb