ブラックホール超軽いじゃん 素人のツッコミにまたも2019年05月01日 11:12

 M87銀河の超巨大ブラックホール。発表によると、半径は200億km、重さは太陽の65億倍。
素人からまたもツッコミが。
 体積は1正3000澗kg、重さは3300正立方メートル(正は0が40個、澗は36個並ぶ数の単位。澗は1兆の1兆倍の1兆倍。正はその1万倍)。密度を出すと、1立方cmで0.39μg。空気だったら0.0003気圧って超薄っ。ほとんど真空じゃん。
 どういうこと?
半径なんて書くからいけない。まあ、一般相対論の授業を受けた人間には常識だが、当然、素人には意味不明だろう。
 さて、ブラックホールには半径はない。まあ、半径ゼロで、密度無限大。一般相対論では特異点と言って、空間にできたゆがみかシミのような物。
 じゃあ、ブラックホールの半径って何かというと、それ以上内側に入ると、脱出できなくなる境界の事。ブラックホールもある程度遠ければ、その引力を逃れて脱出できる。しかし、その半径より近づくと、脱出に必要な速度が光より速くなるので、光や電波も含め、あらゆる物が戻って来られなくなる。ということは、その半径より内部の様子はいかなる方法でも知ることができない。この半径を物理学ではシュバルツシルト半径という。
 その半径の中で、物質は一様に広がっているわけではない。引き込まれた物質は、全部、中心の点に引き寄せられてぐしゃっとつぶれて、ブラックホールの点に取り込まれてしまう。
 電波が通り抜けられないため、黒く抜けて見える場所を「シャドー」と言う。今回の観測は電波望遠鏡でそのシャドーの範囲を決めた。実際に見えているシャドーの半径は500億kmで、シュバルツシルト半径の約2.5倍。これはブラックホールの引力で光や電波の進路が曲がる重力レンズ効果というやつで、虫眼鏡を使ったように大きく見えている。シュバルツシルト半径はブラックホールの重さに比例する。太陽だと約3km。200億kmという半径から計算して、ブラックホールの重さは太陽の65億倍と推定した。
 なお、シュバルツシルト半径は高校で習うようなニュートン力学でも求まる。人工衛星などが地球の引力から脱出するのに必要な速度(第2宇宙速度)は地球から遠いほど小さく、高度が低くなるほど大きくなる。で、この速度が光速になってしまう距離を計算すればいい。地球だと1mm弱ぐらいになるはずだ。
 またも素人のツッコミに1本取られた。しかし、密度を計算してみようとか思うのがエラい。

テレ東の裏切り者っ!2019年05月02日 10:35

 トンデモない天変地異が起きても、皇族が結婚しても、世の中の流れと関係なくアニメを流し続けるのが、テレビ東京の矜持だったはずではないか。で、結構、視聴率稼いじゃう。そんなテレ東が好きでした。
 何で、改元イブから池上彰さんなんか呼んで真面目な番組作ってんの?
連休が始まる前、戦中派のお年寄りに、「テレビが一番酷いが、新聞も猫も杓子も、連休中、ずっと退位即位、平成最後、令和初で埋め尽くすのか。これでは大日本翼賛報道、大本営発表と同じではないか」と愚痴を聞かされた。
 天皇を政治利用し、政権の人気取りに使っている事に関して、首相や官房長官以上に、それにまんまと乗せられ、無批判にプロバガンダに協力しているマスコミが非難されるべきだ。どこの国のどの時代の政権だって、国王や法王を政治的に利用して支持率を上げようとするのは当たり前のことなんだから。
 若い人も、池袋の事故の加害者を新聞やテレビが容疑者と呼ばず、「さん」や通産省工業技術院の元院長と呼ぶのは「政権への忖度だ。安倍首相に批判的なマスコミもポーズだけだ」などと言っていた。そんな訳はないのだが、そう思わせてしまうマスコミが悪い。

私立は国旗は関係ないって校長でも勲章出しちゃう 文科省意外に太っ腹2019年05月17日 19:13

知り合いの先生が瑞宝小綬賞に決まったとSNSで知った。この先生、校長の時、インタビューで大阪の国旗国歌徹底について「うちは私立だから関係ない。揚げることはないでしょうね」と答えて、結構大変な事になった。軽い気持ちで言って、まさかそんな騒ぎになると思ってなかったそうだ。ちょっと杜撰だがとてもいい先生。そういう人でも勲章を出すとは文科省もなかなか太っ腹。ただ、いい意味で変な先生なのでイラナイとか言い出さないかと。

訂正 私立は国旗は関係ないって校長でも叙勲しちゃう2019年05月18日 17:46

前記事の「私立は国旗は関係ないって校長でも勲章出しちゃう 文科省意外に太っ腹」で、
<知りあいの先生が瑞宝小綬章をもらう事が決まったとSNSで知ったのだが、この先生、校長の時、何かのインタビューで、大阪の「国旗国歌の徹底」について聞かれ、「うちは私立だから関係ない。揚げる事はないでしょうね」と答え、けっこう大変な事になった。本人は軽い気持ちで答えただけで、まさかそんな騒ぎになるとは思ってなかったそうだ。ちょっと杜撰かもしれないが、とてもいい先生だった。そういう人でも勲章を出すとは文科省もなかなか太っ腹。ただ、いい意味で変な先生なので、イラナイとか言い出さないかと>
と書きましたが、叙勲を決めるのは文科省ではありませんでした。文化勲章とごっちゃになりました。見出しとともに訂正します。ただ各省の大臣が推薦するので、この校長先生の瑞宝小綬章など教育関係者の叙勲に関しては文科相が推薦するだろうと思いますが、詳しい事は知りません。
http://kajiyan.asablo.jp/blog/2019/05/17/9073706

国会議員や判事に言論の自由はない 作家や役者とは違う2019年05月24日 17:28

 「丸山議員の発言は発言することも許されないのか。言論の自由だ」「こんな風にさらし者にしたら、若者が自分の思っていることを自由に言えなくなる」などという人達と激しい議論になった。
どうも最近は国会議員にも無制限な言論の自由があると誤解している人が多いのではないか。
 「民主主義の特異性は、民主主義その物を否定する言論の自由が認められていることだ」と歴史学者が言っていた。これは他のどの時代のどの政治体制とも大きく違う。例えば、絶対王政の国で、王権を否定する言論活動をしたら命に関わる。
 民主主義の社会では、人権無視、差別容認など、憲法に書かれた民主主義の基本原則に反する主張をする事も自由として認められている。ただし、そのような無制限な言論の自由があるのは一般市民だけだ。作家や役者など民間人なら自由だ。非難は受けるかもしれないが。例えば、作家の百田氏が何を言おうと自由である。まあ、政府の公的な委員などを務めているから微妙だが、基本的には一般市民だ。
 ドイツではナチズムやヒトラーを賛美する言論は誰であろうと法律で禁止されているが、日本ではそれすらも可能だ。当然のごとく非難を受けるだろうが、禁止はされない。
 だが、民主主義と憲法を守るという党是を持った政党から立候補し、民主主義的な手続きで選ばれた議員が民主主義の基本原則に反する主張をする事は許されない。議員に限らない。裁判官や各省庁の役人など、民主主義を守り、その理念を実行するためにある司法や行政の担い手が、民主主義を否定するような言論を発信することなど許されていない。もしも、判事が判決の公平性を疑われるような差別的な考えを公にしたら当然処分の対象になるだろう。
 議員がどうしてもそのような民主主義に反する言論(例えば、差別は正しいなど)をしたいなら方法はある。まず、議員を辞職し、そのような党是を持った政党を作り、そのような公約(例えば、差別主義を実践する)で立候補し、国民の支持を得て当選すれば、そのような言論活動ができる。
 民主主義は、民主主義を否定する政権を合法的に生んでしまう事が可能という危険をはらんでいる。そんな選択を国民がしなければいいだけのはずなのだが。

フジは社員に放送禁止用語教えてないの? 発禁用語多過ぎで長谷川発言の酷さを伝えられないマスコミ2019年05月26日 15:44

 昔、島田伸助の漫才で、「芸能レポーターがわざと挑発するような事をさんざん言い、カッとなって『この野郎』と胸ぐらをつかんだ所だけを放送される。その前までさんざん言われている所は流さない」と文句を言っていた。島田は続ける。「だから、いいこと思いついた。この野郎って言って胸ぐらをつかむ瞬間に放送禁止用語を挟んでやればいいんだ。そうすれば放送できなくなる」
 まるでこれを実践したかのような長谷川豊・元フジテレビアナウンサーの発言。
「マスコミは長谷川発言をオブラートに包んで曖昧に伝えていて、それがどれほど酷い発言だったか伝わっていない」と怒っている人がいた。
 だって、しょうがない。放送禁止用語だらけで正確に伝えることが不可能なのだ。どれぐらい酷いか。生の発言を見ていない人のために説明すると、もし、この発言で使われている放送禁止用語のうちの1つを1回でもアナウンサーがテレビで発したら、すべての番組を降ろされ、テレビに映る仕事は一生させてもらえないくらいあり得ない発言なのだ。
 本人は「差別に無知だった」というような謝罪をしている。いや、そういうレベル以前の問題。テレビで放送できない言葉は講演会でも言っちゃダメでしょう。フジテレビではアナウンサーにどの言葉が放送禁止に指定されているか教えてないの?